my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

みんなでお茶を

Mother

気になることがあるとしばらくそれにこだわって考え続けるのに、解決がつかないといつしか忘れてしまうって、これいつものことですね。
でも完全に忘れてしまったのではなく、意識下では事あれば表面に現れようとスタンバイしているようです。スリープ状態。だからちょっとした刺激でアクティブ状態にさっと戻ってきて同じ状態からリジュームする、誰も思い当ることがあるでしょう。

写真は二日ほど前に届いた"SHERLOCKシーズン2"の一場面のキャプチャです。
少し説明をば。
普段からよく映画を見ますが基本、言語は英語日本語字幕で見ます。耳から入る英語と字幕の間に大きな差がないときにはほとんど意識せずに視聴しています。(というか、それほど気にしないで見てますというべきか)
まれに英語字幕を出して日本語字幕の意味を補完したりもします。その映画が気に入ったときと、それと字幕と話されているセリフとの意味がそぐわないときや文脈上意味がよくつながらないときに実際に話されていることを確認するためにです。

このシーンですがNHKで放映されたときマイクロフトとシャーロックの吹き替えがこうだったのです。(言葉は完全に正確ではないかも)
M: 「母親がわりだったんだよ」
S: 「子供時代からいろいろあったんだ」

最初に見たときから違和感があってどうも腑に落ちませんでした。ひとつにはマイクロフトの原語と字幕の時制が合わない、それを満足させる説明がない、つまり自分の中ではどうにも納得できなかったからです。

BBCのDVDによれば実際のセリフはこうです。(キャプチャでは字幕が保存されないのでアナログにカメラで撮ってみました)

Telop1

M: I'll be mother.  (わたしが母親になろう)
間違いなく助動詞willがあります。過去のことを語るのにwillを用いることは(知っている限りは)あり得ません。ぐっと譲っても言えるのは現在の習性「~そういうものだ」くらいしかないし。
どう考えてもマイクロフトはこれから先のことを言っているはずです。
しかも mother の前に冠詞がないことも気になる一因でした。

さらにシーズン1の1話でマイクロフト、シャーロック兄弟の母は健在でクリスマスには家族が集まる、マイクロフトに至ってはシャーロックがいつも不機嫌だからmammy(幼児語、日本でいえばママくらいかな)が悲しむといっていますから、母親が早くに亡くなって「母親代わり」だった、という解釈は矛盾します。
かといって二人の母親が母親らしいことを何もしない女性で、年長のマイクロフトが家事を取り仕切っていたという新解釈も不自然です。このようなわけでこの部分は、奥歯に物が挟まったようにずっとずっと気になっていたところでした。

Telop7

こちらはメリル・ストリープの"The Iron Lady"突然にすべてが明らかになりました。
開始後1時間12分ころ、フォークランド紛争で出兵するか否か決断を迫られるサッチャー首相のもとへアメリカ国務長官が訪れて出兵を見合わせるように説得する場面で、きっぱりと断ったサッチャーがそばのテーブルにあるティーポットに手を伸ばしこう言います。

"Now, shall I be mother?"  (じゃあ、おかあさんになりましょうか?)
字幕には、「母親役を務めますわ」と。

これで明らかです。お茶を注ぐという動作と"mother"の組み合わせ、どうして気がつかなかったのか。もっと早く気づくべきでした。
おままごとをするときにお父さん役、お母さん役というのがありますよね。あれなんです、つまりイギリスの一般家庭ではティーを注ぐのはお母さんなんです。だからお茶を注ぐときには、私がお母さんをやります、みたいな言い方をするのだということだったのです。
それを「母親代わり」の吹き替えに無意識に引きずられて、それに見合う解釈ができないことで散々頭を悩ましていたというわけでした。

するとその後の展開もよどみなく流れます。
Telop5

マイクロフトの言葉につづくシャーロックの"And there is a whole childhood in a nutshell."も直訳すれば、「ここに子供時代のすべてを端的に表すものがある」―――「子供のころからすべてこの調子だ」となり、すべからく自分が采配を振りたがるマイクロフトのやり方を揶揄する皮肉な物言となるのです。

改めて届いたばかりのBDでその箇所を確認すると、マイクロフトの"mother"から一連の字幕は次のようになっていました。
M: 「わたしが注ぐ」
S: 「子供の頃から仕切り屋だ」
はい、おめでとうございます、一件落着でした。

セリフついでにもう一つ。BBC版の英語字幕を出してみていたときに気がついたことですが、まずはその部分を。
Telop6

M: Don't be alarmed. It's to do with sex.
S: Sex doesn't alarm me.
M: How would you know?

アイリーン・アドラーの説明をしているマイクロフトとシャーロックのやり取り。思わずうなったのが最後のマイクロフトのwouldの使い方。
NHK吹き替えでは「どうしてわかる?」、BD版では「知らないくせに」でした。
これはNHKに分があるように思えます。
マイクロフトは女性(男性も)に関しては晩生のシャーロックをからかい気味に「セックスと聞いても(経験がないからといって)警報が鳴ったように身構えなくてもいい」と言い、すぐさまシャーロックが「セックスが絡んでも全く平気の平左だ」とやり返す。それに対してさらにwouldで「どのようにして恐れるに足らずということがわかるのかね、知りたいと思っても知る機会もなかったの(し、ないだろう)に」と婉曲仮定法を半分だけつかって、シャーロックには現実的にできないことだと、ソフトでかつ「明確に」疑問の形で(ここがまた憎い)投げかけています。にこやかな余裕のある表情だけにマイクロフトのほうがシャーロックよりも一枚も二枚も上手だと知らしめるところだと思います。それだけに意地になって早期解決を確約するシャーロックの青さがまたかわいいのですが。

わたしがゲイティス演じるマイクロフトに惚れたのも、このwould があったからと言っても言い過ぎではないかも。
それにしてもわたしが惚れる人ってどうしていつも……なんなんだろう?
おっと口が滑ってしまったw
今は、かなり長い間意識下でじんわり温めてきた"mother"が自分なりに納得できてうれしい限りです、これこそほんとの"mother complex"だったのかもしれませんね。


スパムコメントが多いのでコメント受付を一時控えます。

父の栄光、母の城

Photo思い出は時がたつほど摩耗していくものではないようだ。甦るたびに思い出からは不要な些末や生々しさがそぎ落とされて、うつくしい、軽く透き通ったものだけが残っていく。
晴れた日に水の中を覗き込んだときに、不意に現れる魚のように。魚がついと動いて底から巻き起こる雲母のかけらのように、ひとつひとつの断片が光を反射してきらきら光る。思い出とはそんなものなのだろう。

表題の映画は、少年マルセルの南プロヴァンスでの夏の日の思い出。小学校教師で融通が利かないほど生真面目な父。こよなく母を愛し、子供達を山に連れ出し、不器用な手で行った狩猟で思いもがけない大殊勲を達成した父。
少女のような母、若く優しい、はかなさを感じるほどに美しく線の細い母。
都会を離れ向かったプロヴァンスの田舎の山荘、山野を駆ける少年との出会い、家族の絆を感じた夏休み。
マルセル・パニョル原作による「少年時代の思い出」を映画化した「マルセルの夏」と、2部と3部を映画化した続編「マルセルのお城」──「プロヴァンス物語」
最初にいつ見たのか記憶が曖昧です。映画館ではなかったことは確か。それも中途半端に見たので一作目は余り記憶になく、二作目の最後だけがはっとするほど強い印象を残した映画でした。
先日偶然にBSで続編が放送されたのを録画。そのあとDVDを探したところ、古い映画でしたが幸いにも在庫が見つかって無事入手できました。
これは大人になったマルセル少年=「わたし」が少年時代の幸福なひとときを回想する物語です。
1904年、マルセーユに住むマルセルの一家は病弱な母に田舎の空気がいいと南プロヴァンスに別荘を借ります。石灰岩の丘陵地のそばで近くには泉が湧く小さな村があります。日頃勉強に明け暮れる少年にとって、すべき事がないという自由とセミの声に満たされた最も美しい日々が始まります。
前編は原題は全編が「父の栄光」、狩猟などしたこともなかった父があることで素晴らしい獲物を捕らえ、村の英雄になるお話。後編は「母の城」。二作で一つの物語なのでどちらが欠けてもいけないのですが、特に続編が秀逸です。
二作目はこんな風に始まります。
夏が終わり街に帰ったマルセルでしたが、あの山に再会するのに夏まで待つことなどできません。しかも奨学生試験の学校代表になってしまって勉学に追いかけられる日々です。そこへ母の提案で毎週末に山へ出かけることになります。
有頂天になったマルセル、もちろん家族も大張り切りなのですが、なにせ遠距離です。鉄道と馬車を乗り継いだあげく、最後は週末の家財道具を背負って村から9キロも歩かなければなりません。というのもシャトーと呼ばれるお屋敷の私有地を迂回して行かなければならないからです。
しかし、偶然が幸いして、村から山荘へ行く運河沿いの道の存在を知ります。ところが運河は私有地の中を縫って走り、私有地相互の間には鍵のかかった扉が行く手をさえぎります。私有地の番人に見つかったら追いかけられる、それどころか捕まれば公務員としての父の立場さえ危うくなる……それでも片道2時間の時間の節約の誘惑には勝てませんでした。ついに父は鍵を使います。
一つ目の屋敷の老貴族と二つ目の屋敷の小作人は優しい人たちで彼らの通行を見逃してくれるのですが、三つ目の屋敷の門番と番犬がくせ者でした。母はそこを通るたびに死にそうなくらいに怯えて震えるのでした。
この運河沿いの道を通るスリルを縦糸にして、マルセルの初恋、少年との友情、たくさんの優しい人々との出会いが横糸にからみ、二度とこないきらきら光る少年時代の一夏が過ぎていきます。
感動を呼ぶのが最後のエピローグです。
時の流れは容赦なく、家族が、友人がマルセルの前から消えていきます。成人して映画関係の仕事についたマルセルがプロヴァンス地方に映画都市を作る構想をたてて、地所を買います。
忘れていた日々が一瞬にして甦るみずみずしさ、美しい母のおもかげ、いまだ少年をどこかに宿しているマルセルの心の痛みが、軽やかに語られて物語は幕を閉じます。

おぼろげにしか覚えていなかったストーリーですが、わたしの記憶の中にあった物語は映画の一番美しい部分をつなぎ合わせた物語だったということに驚かされます。
「美しい思い出」をテーマにした映画が、わたしにとっても「美しい思い出」であり、今回その全貌をしっかり余すところ無く見たわけですが、抱いていたイメージを裏切られることなく、むしろ抜け落ちていたパズルのピースがすべてあるべき場所にぴったりはまったような満足感を覚えました。漂白されて美しくなった思い出が、もとの姿を取り戻して、さらに光を放つということは、そう再々あることではありません。そういう意味で、いまとても幸福だと感じています。


三銃士

Three_masketeers73Three_masketeeres93
注文してあった73年、リチャード・レスター監督の「三銃士」が来ました。
何度かCSで放映されて録画版は持っていましたがDVD化されているのに気が付いて、これと続編の四銃士のダブル購入です。
オリバー・リードのアトス、リチャード・チェンバレンのアラミス、フランク・フィンレイのポルトス(この人は余りよく知らない)それにマイケル・ヨークがダルタニアン(キャバレーなどで当時乗っていた)、コンスタンスにはラクエル・ウェルチ(ミクロの決死圏や恐竜100万年、その後バーバレラにも出ましたね!)、ミレディにはフェイ・ダナウェイ、そして大御所リシリュー枢機卿にはチャールトン・ヘストン……
よくもこれだけ当時の有名どころを集められたと思えるほどの顔触れです。
実はこれ劇場で見たのですが、自分では三銃士はやはり93年キーファーのよりもこちらなのです。
当時ものすごく面白いと思ったものでも、今にしてみればちんけなギャグや唐突な場面転換、もたついた展開など目に付きますが、それでもかなり原作に忠実。CGが無いぶん、実写の強み、現実感があります。
ヘストンが真面目に悪役に徹しているところや、ジェラルディン・チャップリンというドクトル・ジバゴ以外には顔を見られない珍しい女優さんが華奢な王妃を演じているのも楽しい。マイケル・ヨークのいかにもど田舎から出てきたという押し出し、農耕馬みたいな騎馬もすぐれものです。
宮廷の下にある洗濯場だとか、いかにもという王宮でのわんこを使ったチェスや動物のかぶり物を着けた舞踏会など当時は目を奪われる演出だったように思います。
どろくさく、しょうもないギャグも多い物の、豊満なラクエル・ウェルチ演じる妙にどじでかわいいコンスタンスが存在感一杯ですし、続編での悲劇もあるので、ただの娯楽ものとも言いきれない所もあります。
制作のサルキンドはこの作品が当たったので、クリストファー・リーヴのスーパーマンの制作に乗り出したと言われてますね。
目立たないけれど、オリバ・リードのアトスがとってもいい感じ。何も語らなくても重苦しい何かを感じさせる所など達者です。
ひとつ苦言を呈するなら、字幕がまずいです。なんとも堅苦しい武士言葉が続いたり、明らかに字幕の打ち込みのミスがあったり、字幕だけで鑑賞するとおもしろさが半減します。

さて、これを見たら、93年の三銃士も見たくなって、何年ぶりかに引っ張り出しました。
はっきりいって、こちらのストーリーは全く覚えていない──それくらい軽い作品でした。
ディズニー制作、キーファーやチャーリーー・シーン、クリス・オドネルといった華やかな顔ぶれなのですが、73年作を見た後だと、ティズニーのアトラクションを見ているような気がします。
衣装がきれいすぎ。枢機卿もただの好色で権力欲に取っつかれたおっさんで、ヘストンのような品格が無いし、ルイ13世もアン王妃もお子ちゃまで、おままごとのように見えます。
唯一まだ良かったのはキーファーのアトスですが、酸いも甘いも噛み分けたというには、若すぎ、熱血過ぎ。彼の顔がどちらかと言うと童顔なのも一因かもしれませんが、金髪の長髪を振り乱して叫ぶと、なんだか別の映画の気分です。
脚本もただ、ミレディをカレーまで追っていくそれだけの単調さ。ミレディの突然の改心とか、無理が多いなあと、やけにあらばかり目立ってしまいました。

まだ来ていませんが、73年版は続編「四銃士」があって、それで一作になっています。ミレディの正体や最後も後編回しです。 「仮面の男」は残念ながら私の評価の中では番外。

24-V 

リリース後1か月にして、やっと10~12を一気に見ました。

とにかく仕事が終わるまでは(時間はあっても)気持ちに余裕がなくて、ずっとお預け状態でした。月曜のサービスデーに借りてきて昨夜一枚、今日二枚見ました。

まだネタバレになりますから、内容には触れず。それにしてもおおよそ3分の2過ぎた頃からどうしても中ダレして感じてしまっていましたが、最後にまた山を持ってきてくれました。ちょいとびっくりだったのは、あらら、ERのロマノがでてるw

最後の落ちはちょっと苦しかった。余りによくある手で偶然に頼りすぎ? 

死んだと思ってた人が生きてたり、ご都合も多かったけれど、楽しませてもらったから、許すw

ビル・ブキャナン、なかなかかっこよかったですよ。最初悪だと思ってたけど、見直しました。いい加減男みたいだけどクロエの元ダンナもなかなかかわいいところがあって、彼女にもいい目を見せてあげたいと思いましたね。何てったんて大活躍だったし。

それにしても、あの終わり方は何だよ!! しっかり目一杯 シーズンVIへの引っ張りですか。もっと普通に余韻持って終わって欲しかったですね。

さて、明日からまた仕事。考えただけで、うう、調子が悪くなってきました。。。

速報 (ダ・ヴィンチ)・こーど

DVD ボックス
* このエントリ挙げてからすぐに「クリプテックス」「クリプテックス 解答」などで検索してこちらへ来られる方がいらっしゃいますが、残念ですが解答、その他ヒントになるようなことは一切書いておりませんので、あしからず。

DVDダ・ヴィンチ・コードのコンプリーとボックス、やけに重いクリプテックス模型とラングドンのノートとかいうものが付いてきました。25分の未公開映像のために泣く泣く高い買い物をしましたが……

クリプテックスを開ける暗号たるや、解答がそのまま書いてあるようなものですし、一昔前の自転車のキーみたいに手探りで開けられるという代物。開けると、なんだ大したことない、もう一つのキャンペーンへの応募要項が入っていますw

そこの暗号もよくよく文字の並べ方を見ると、どの言語かということがわかるし、その言語で一番よく使われ一番最初に来る確率の高い単語といえば……ポーの黄金虫にも書いてありましたけどねw それで文字を並べ替えすると文が現れます。

とにかく、暗号を解けというならもう少し頭を使う物にして欲しかったですねえ。ダン・ブラウンのHPでダ・ヴィンチ・コードから入った6問の暗号解読は楽しかったですけどね。

さて、暗号というか、単なる文字遊びをときますと、(その文をさすがにここには書けないので曖昧ないい方になりますが)どうしても文にスペルミス、というか単純な思い違いがあるような・・・

もしかしたら冗談かも知れませんが、回答欄にはちゃんと、そうでなければならない方のあっている単語が書いてありましたから、キャンペーン用の応募用紙に書かれた暗号が実は単語の思い違い??

確かに日本語的に発音すればとても似ているんですが、意味は全く違うんですよ。。。

これはどう解釈したらいいんでしょう。一応キャンぺーンのQ&Aに質問としてメールしておきましたが、どうもわからないw

もしミスだとしたら、大変なお粗末なことだし、確信犯だとしてもそうやって入れ替えた真意が全くわからない、どこにもなるほど!と思わせるウィットもなくて、ただ頭を捻るだけです。

まあ、応募そのものには大して影響はないとは思いますが、IDは一回限りしか有効じゃないなんて脅かし文句が書いてありますので、解読した人がちょっとびびるのではないかなあ、なんて思ったりしています。

速報 ダン・ブラウン

Dan_brown

今朝、"ダ・ヴィンチ・コード"のDVDが届きました。
ついさっき見だしたのですが、これは25分の未公開シーンの含まれた長尺版です。
最初のソニエール襲撃の場面からシラスとの会話がはいるなど、おお、なかなかいいと見ておりましたら……
開始早々、5分18秒のところで、ラングドンの公演の後のシーン、何と聴衆の中に、ダン・ブラウン 発見!
恐らく間違いはないと思うのですが。
もしかして、他のボーナス特典で解説されているかな?

ナショナル・トレジャー

Amazonから今日届いて早速見ました。
映画の内容のレビューはまた後日に。
今日の所は隠し特典の解明に時間がかかってしまいました。
メイキングや未公開シーンを見ていくと最後にひとづずつ数字が現れる、ふむふむ、これはメモっておこう。もうひとつのエンディングを見終わって「戻る」アイコンをダブルで押したらアクセス画面。
ふふん、これは簡単だぞ、アメリカの独立宣言の出た年じゃない。。。
開きましたのがもう一つの特典画面、でもそれほど新しい情報はないみたいです。
テンプル騎士団の歴史が簡略に述べられていたけれど、「ハムナプトラ2」のコンテンツを書くときにかなりテンプル騎士団について調べたのと、キングダム・オブ・ヘヴンにも、騎士団の成立事情が出てきたので期待したほどには掘り下げた解説ではありませんでした。
はたと困った──マスター・コード(多分)は簡単なゲームで入手できたのに4桁の数字を入力するところがみつからない。
メインメニューの本のアイコンからは先のシークレット・ナンバーで開いたページにログのキーナンバーが出ていたので(3桁)OKなのだけれど、マスター・コードは4桁。
試しに入れてみるが門前払いを食わされた。

ええい、こうなりゃ2ちゃんへ──────→やっぱりありました。結局狙いははずれてなかった。
アクセス画面の呼び出し方だけ、ありがたくご教授願って頂いてきました。
ああ、わたしって根性なしだな。
明日はこのキーでトリビア・トラック(映画製作の内幕やスターの裏話の入った音声解説付きトラック)を楽しむことにします。

ここまで書いて、東京の方が大雨だというニュースを速報で読みました。
慌てて娘にメール、昼過ぎから雷と断続的な豪雨でネットにも繋いでないって。
何ともないといいけれど。

Previously on 24・・・

24_3_2三が日もあっという間に終わって明日から平常の仕事が始まります。
例年のことながら、楽しみを待つのは時間の経つのが遅く、いざそのときになれば須臾の間に過ぎ去る・・・・・・ってことでしょうね。
三が日どっぷりDVDに浸かっていました。なんと非生産的と侮ることなかれ、です。

"24"サード・シーズン、やっと見にかかって、かかった途端に。。。
ご注意めされよ!あれは addictive です。
前半こそ展開が緩慢(もちろんめまぐるしいのですが、セカンドの大立ち回りと比べて、ね)ちょっと意外だったのですが、中盤を過ぎるころからやっと息もつかせぬ矢継ぎ早の急展開。
キャラが立って、意外な人物の意外な一面が明らかになったりして目が離せません。この回だけ見たら一旦TVの前を離れようと心に決めても、あと一回、さらにもう一回、いいや、もう一回見ちゃおう・・・・・・
現在時点、6:00A.M. そろそろ残り時間が気になり出してきました。
このまま一気呵成に見てしまうのは惜しいような気も。
ああ、やはり魔物に魅入られてしまいました。
2005年のこれから辿る行く末が見えてきたようです。
画像をノヴェライゼイションの表紙から変えてみました。3rdのオールスターだね。