my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« January 2015 | Main | April 2015 »

冬と春のはざまに

Nec_1631
今日は節分、節を分ける日、つまり冬と春が交代する日であります。
そうやね、明日は立春やもんね。

実は節分は年に四回、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことなのだけれど、時代が下るにつれておよそ立春前日のことを指すようになったんだそうです。
京都の吉田神社では節分の前夜(というか節分になる瞬間)に追儺式という季節の分かれ目に生じる邪気を払う、その上は平安時代にさかのぼるという古い儀式が行われています。学生時代に一度夜に見に行きました。鬼さんはユーモラスでしたが鬼を追い払う方相氏は何やら不気味でした。

玄関先に福豆と鬼の土鈴、張子のお福さんを飾って節分のしつらえをしました。すぐにバレンタインに入れ替えするので記念撮影。

Nec_1619
今年の新顔は和手ぬぐい。
昨日行った和食器のお店のディスプレイが気に入って(お値段手頃で)求めてきました。ちょっと暗めの朱色地にお豆と緩んだ顔のお福、ロボットめいた鬼がお行儀よく連綿と続いています。壁にかけてみました。

夜半に北海道出身の友達からLINEで、北海道では入り大豆の代わりに殻つきの落花生を投げるんだよと画像付きでトークあり。殻つきのまま投げて当たったら痛いのでは?というのは余計な心配だったらしい。
豆=魔目→魔滅 らしいからどんな豆でもOKということなんだろう。

立春といえど週間予報は曇り、雨、雪。気分の上だけでも春が少し近づいてきたと思ってみようかな。いいことがあるかもしれないから。