my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 4月まとめ、主に旅2 | Main | 4月まとめ、主に旅4 »

4月まとめ、主に旅3

Proserpine

もう少しお付き合い願います。

3日目です。
モリ・アーツセンター・ギャラリーで開かれていた「ラファエロ前派展」へ行きました。6日が最終日で人出が心配でしたがそれほど待たずに入場できました。
画像はダンテ・ガブリエル・ロセッティの「プロセルピナ」。ギリシャ神話の大地の豊穣神デーメーテールの娘ペルセフォネ―と言った方がわかりやすいかも。
冥府の神ハーデースに地下に拉致されるものの、母神の願いで地上に戻れることになったとき冥府のザクロを3粒(4粒とも)口にしたために一年の1/3を地下で暮らさなければならなくなった、のちにハーデースの妃となり冥府の女王となる、この女性を題材にしたロセッティの名作です。

実はこの絵にはちょっとした因縁があります。
ロンドンへ行った折これがどうしても見たくてテート美術館へ行ったのですが、よそへ貸出し中で(ちょうど今回の日本展のように)見られなかったのです。返す返すも残念で、何とかして一度は実物を見たいという思いが募りました。それが日本で見られるのですから、これはもう東京であろうと行かないわけにはいきません。
実物を見て震いが出る思いでした。同じラファエル前派のウィリアム・モリスの妻、ジェイン・モリスをモデルにしたこの絵は神話のバックグラウンドを離れても、「見る者を焼きつくさずにはいられない暗い情熱」があふれるファム・ファタールをありありと描き出しています。人ごみのなかでしばし、魅入られてこの絵の前にたたずみました。

もう一枚忘れてならないのが、ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフォーリア」。

Ophelia_l

以前神戸に来たときに忙しくて行くことができずとても残念でした。
幸いテート美術館で見ることができたので今回は再会に心が躍ります。

ところが、あっと思うほど受けるイメージが大きく違っていました。
テートでは大きな壁面に複数のラファエロ前派の絵とともに飾られていて(隣にはウオーターハウスのレディ・オブ・シャルロットがありました!)特別なライティングもなくて、画面は暗く本当に近寄らないと細部まで見えにくかったのです。
その時のこの絵の印象は、上左右の角が取れた特徴的なキャンバスの形もあって、祭壇画のようで期待していたよりも古めかしい暗い絵というものでした。

ところがさにあらず、今回はまったく違いました。かなりしっかりしたライティングのもと、細部まで明瞭に見え、表面のニスの輝き、描きこまれた花々や水草、木々の緑が新鮮で、一輪のバラやスミレの色の鮮やかさ、ロビンの胸の色、衣装にちりばめられた真珠様の飾りの質感まで感じられて、これほど美しい絵だったと改めて気づきました。
これまた時間を忘れて見入ってしまう絵でした。(実際はこの絵が一番の呼び物なので特に人だかりが多くて、あまり長い間正面に陣取っているのは憚られたので、後ろ髪をひかれる思いで正面を辞しました)

もう一つ画集でしか見たことのなかった絵を実際に見られて高揚と恍惚感を楽しみました。
プロセルピナと並んで展示されていた、同じロセッティの手による「ベアータ・ベアトリクス」。

Beata_beatrix

悲劇的画面で見る者の心に翳りを落とします。こちらも有名なので下手な解説は省きますが、プロセルピナにある生の強さとは全く異なる、死の勝利が描かれています。(オフォーリアのモデルになった女性でロセッティの妻になったが若く亡くなる)悲哀というか、死によってもたらされた永遠への憧憬が感じられるのですが、いかがなもんでしょうか。

二つの美術展をハシゴして、もうお腹いっぱいといったところです。この後本当のお腹いっぱいが待っていたのですが、長くなりそうなのでそちらはまた書くことにします。

Comments

前回は記事に圧倒されてコメント出来ず仕舞いでしたので
今回はコメントさせて戴きますね~。
実に内容の濃い旅をされたんですねえ。
私も美術館等絵を見て回りたいなあ。
体力もろもろの関係ではしごは無理ですが…
せめて静岡辺りまで遠征してみたいと思っています。

町田に白洲二郎の邸宅があったとは全然知りませんでした。
たまに遠征してドールグッズを買いに行ったりしていたので…。
行ける範囲にあったことに驚きました。
クリムトの絵も私も山岸涼子を思い出しました。
ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフォーリア」も
素晴らしい絵ですよね!
これらを直に見られたと言うのは幸せな事だと思います。
やはり良い画を見ると心が豊かになりますねえ。

>マクノスケさん

マクノスケさんちからは町田は遠征範囲なんですね。わたしは初めて行きました。白洲正子の著作のイメージではもっと田舎wだったんですが、すっかり様変わりしてしまったんですね。
町の中をくりぬいて里山がぽんとおかれているような、そんな雰囲気でした。
わたしからすると東京のような大都市は美術展、音楽会、演劇などが身近にたくさんあって簡単に行けるという、すごいメリットがありますね、うらやましいことです。
遠い、お金がかかるなんて文句を言ってないでできるだけ出かけたいと思ってはいるのですが。

Post a comment