my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« March 2014 | Main | May 2014 »

4月まとめ、主に旅3

Proserpine

もう少しお付き合い願います。

3日目です。
モリ・アーツセンター・ギャラリーで開かれていた「ラファエロ前派展」へ行きました。6日が最終日で人出が心配でしたがそれほど待たずに入場できました。
画像はダンテ・ガブリエル・ロセッティの「プロセルピナ」。ギリシャ神話の大地の豊穣神デーメーテールの娘ペルセフォネ―と言った方がわかりやすいかも。
冥府の神ハーデースに地下に拉致されるものの、母神の願いで地上に戻れることになったとき冥府のザクロを3粒(4粒とも)口にしたために一年の1/3を地下で暮らさなければならなくなった、のちにハーデースの妃となり冥府の女王となる、この女性を題材にしたロセッティの名作です。

実はこの絵にはちょっとした因縁があります。
ロンドンへ行った折これがどうしても見たくてテート美術館へ行ったのですが、よそへ貸出し中で(ちょうど今回の日本展のように)見られなかったのです。返す返すも残念で、何とかして一度は実物を見たいという思いが募りました。それが日本で見られるのですから、これはもう東京であろうと行かないわけにはいきません。
実物を見て震いが出る思いでした。同じラファエル前派のウィリアム・モリスの妻、ジェイン・モリスをモデルにしたこの絵は神話のバックグラウンドを離れても、「見る者を焼きつくさずにはいられない暗い情熱」があふれるファム・ファタールをありありと描き出しています。人ごみのなかでしばし、魅入られてこの絵の前にたたずみました。

もう一枚忘れてならないのが、ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフォーリア」。

Ophelia_l

以前神戸に来たときに忙しくて行くことができずとても残念でした。
幸いテート美術館で見ることができたので今回は再会に心が躍ります。

ところが、あっと思うほど受けるイメージが大きく違っていました。
テートでは大きな壁面に複数のラファエロ前派の絵とともに飾られていて(隣にはウオーターハウスのレディ・オブ・シャルロットがありました!)特別なライティングもなくて、画面は暗く本当に近寄らないと細部まで見えにくかったのです。
その時のこの絵の印象は、上左右の角が取れた特徴的なキャンバスの形もあって、祭壇画のようで期待していたよりも古めかしい暗い絵というものでした。

ところがさにあらず、今回はまったく違いました。かなりしっかりしたライティングのもと、細部まで明瞭に見え、表面のニスの輝き、描きこまれた花々や水草、木々の緑が新鮮で、一輪のバラやスミレの色の鮮やかさ、ロビンの胸の色、衣装にちりばめられた真珠様の飾りの質感まで感じられて、これほど美しい絵だったと改めて気づきました。
これまた時間を忘れて見入ってしまう絵でした。(実際はこの絵が一番の呼び物なので特に人だかりが多くて、あまり長い間正面に陣取っているのは憚られたので、後ろ髪をひかれる思いで正面を辞しました)

もう一つ画集でしか見たことのなかった絵を実際に見られて高揚と恍惚感を楽しみました。
プロセルピナと並んで展示されていた、同じロセッティの手による「ベアータ・ベアトリクス」。

Beata_beatrix

悲劇的画面で見る者の心に翳りを落とします。こちらも有名なので下手な解説は省きますが、プロセルピナにある生の強さとは全く異なる、死の勝利が描かれています。(オフォーリアのモデルになった女性でロセッティの妻になったが若く亡くなる)悲哀というか、死によってもたらされた永遠への憧憬が感じられるのですが、いかがなもんでしょうか。

二つの美術展をハシゴして、もうお腹いっぱいといったところです。この後本当のお腹いっぱいが待っていたのですが、長くなりそうなのでそちらはまた書くことにします。

4月まとめ、主に旅2

The_beautiful

二日目、娘と待ち合わせして三菱一号館美術館へ行く……という予定が最初からチャラになりまして、先に食事ということになりました。出発が遅れたのと待ち合わせが行き違いとか、意外に時間がかかってしまって、昼食の予約を早めに変更できたのでそちらへ向かいました。食べることが先になる、もちろん誰も否やはありませんや。

20140405_123115_3s

向かった先はパレスホテル東京の5階、「琥珀宮」という中国飯店。前菜に出てきた皮がパリパリのこんがり焼いた焼き豚(小さいんですけどね)空腹だったせいもあってそのおいしさといったら、忘れられません。
画像は次に出てきた飲茶3点、韮、海老のぽとぽとと美味しかったこと。何が入っているのかわからないような複雑な味がして風味が豊か。驚きがあります。室内装飾もシンプルかつ瀟洒。壁にかかった小さな違い棚にはミニチュアの焼き物や彫り物がさりげなく配置されていて、目を楽しませてくれます。次々に料理が出てきたのですが、食べるのに注意が行ってしまって写真を撮るのを忘れてしまいました。残念、もっとおいしいいものがたくさんあったのですが。

お腹もくちくなったので美術館へ移動しました。ここで前述の皇居お堀端の大行列を目撃したわけです。みんな一様に並ぶのは苦でなく、これから見ることになる皇居の桜への期待を膨らませて、並んでどんどん移動するのを楽しんでいるようにさえ見えました。

Salome_climax_2

Jai_baise

三菱一号館美術展では"The Beautiful"展が開かれています。(5月6日まで)イギリスのV&A美術館所蔵品を中心に19世紀後半にイギリスで起こった唯美主義の絵画、工芸品を見ることができます。絵画、デザイン、日常生活に用いる工芸品にいたるまで芸術のための芸術、宗教や倫理に縛られない美しい物を作り出そうという潮流。産業革命が進み一般市民の中にも芸術のパトロンとなる富裕層が広がったことなど、さまざまな要因のもとに花開いた芸術運動ですね。
白眉(わたしの好みってことですが!)はピアズリーのサロメの原画。岩波文庫の福田恆存訳「サロメ」でピアズリーの挿絵を見て以来、本物を見たいと思い続けてきた願いがかないました。もちろんバーン・ジョーンズとかロセッティの絵画にも満足です。

東京駅の方に戻ってKITTEを冷やかして、中に地元産業のHacoaの直営店や眼鏡屋さんがあるのにちょっと感激しました。
こうして2日めが終わりました。あ、夕食は東京駅大丸の「すし鉄」でお寿司を食べました。ここのちらし寿司はいけまっせ!

4月まとめ、主に旅

20140405_112103_left
久々の更新ということで(つまり特記すべきネタがなかったということにつきますが)4月のまとめをばいたします。

4月初旬、東京へ行きました。ときあたかも皇居の乾御門への通り抜け公開がされているときで東京駅丸の内口から出てお堀端へ車で移動するときに見た人・人・人の列。。3日間で22万人が訪れた由、こういった希少な機会のイベントの折にはぜひとも参加しようとする日本人のバイタリティに恐れ入りました。

東京行は2つの美術展を見に行くのが目的でしたが、もちろんおいしい物を食べて、あわよくば何かお買いものもしたいという、つまりきわめてありふれた俗っぽい動機によるものでした。
予定は3泊4日。狙ったわけではないのにお花見のハイシーズンと大学の入学式シーズン、それに皇居のお花見など大勢の人出が予想されるイベントが重なりに重なった週末に当たったので(それも決めたのが遅かったために)ネットではホテルが取れずに結局旅行社のお世話になってしまいました。おまけに連泊ができずに初日は品川、後2日は浜松町とやけに移動が多い旅行になりました。

20140404_132332_1_left
新横浜で新幹線を下り町田市へ向かいました。白洲次郎と正子が暮らした「武相荘」。母が長年行きたいと言いながらなぜか機会を作れなかったところです。
今回は最初から東京へ行く前に寄ることにしました。晴天の暖かい日で町田駅から徒歩15分、これは遠いと車で行ったらものの5分もかからずに到着しました。
一昔前は正子の書いたように「雑木林の中」にあった人里離れた田舎屋だったのでしょうが、今は住宅地の中にぽちっと残った小高い丘という感じです。それでも歩いて上っていくとその一角は閑雅な風情が残っています。
入り口に次郎の乗った車があります。藁ぶきの母屋へ入る前の壁に有名な昔の灯明台を花活けにしたものが釣ってあります。わ、これ欲しいと思いましたが、売店でレプリカが6万以上したので、一も二もなく却下。

20140404_141546
四季折々のどんな花を活けてもそのよさを見せてくれるような花活けです。どこか骨董市でよく似たものがないか探そうかしらん。


20140404_140658_left
こちらは庭の石塔。二人が好きだったという椿が盛りでした。一重の赤、桃色と白の八重咲き、豪華な園芸種の八重から素朴な山椿までがさまざまに小高い山をぐるりと一回りする小径の脇に咲き、あちらこちらに古びた石仏や石塔が見え隠れします。

Nec_0341_s

室内で一番心ひかれたのが正子が使っていた書斎です。室内の撮影禁止だったので残念でしたが、書き物をしていた机(分厚い一枚板)の下に掘りごたつのように足を下ろして座れるスペースを取って、机のすぐ前に開いた窓からは石垣と上から下がる木々の枝が見えます。部屋をぐるりと取り囲むように、これも長い一枚板を棚板にした書棚がしつらえてあり、そこにありとあらゆる蔵書が並んでいます。雑然と整然の間、だらしなさも感じない代わりに乱れのない冷たさも感じない、そういう書架でした。触っていいのなら気になる本を取りだしてぱらぱらめくってみたい、そんな気になる温かみのある書架でした。(画像は絵葉書、それもスキャナーを起動するのが面倒臭くってカメラ画像wです!)

武相荘を後にして小田急で町田から新宿に出ました。新宿といえば、やっぱりここでしょ!

20140404_160922_s_2

20140404_160952_s

というわけでタカノのパーラーでマンゴー・パフェを食べてきました。やっぱりおいしい! 
のんびりと田園の風情を楽しみ、都会の洗練された食感を楽しむ、幸先のいい滑り出しでした。早めにホテルへ入ってゆっくり休みました。第一日の終わりです。