my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« December 2013 | Main | February 2014 »

疾っ! 1/12が

センター試験も終わり、やっと一年が秒針単位で動きだした感覚が戻ってきました。
毎朝外を覗くと薄らと雪が積もっていますが昼頃になるまでに”ぬるくゆるびもて行けば”ほとんど溶けてしまって、今年は大雪という予報もうれしく外れています(今のところ)

今年になってから劇場へ行った映画は「ゼロ・グラビティ」のみ。
原題の"Gravity"ままでもいいのにどうして無重力にしたのか、首をひねります。全編ほぼ無重力状態のシーンが続くのでわざわざお断りしなくても十分だと思うのですが。
さてさて大したリアリティです。地上での撮影とわかっていても粗が見えてこない。満足すると同時にCGIとは別にここまで動きをリアルに描き切る技術の進歩を素直に楽しむことができました。
出演者数が極度に少ないのもまた現実味が増した一因でしょう。実際シャトル乗員やステーション駐留はほんの数人しかいませんから。
映画に戻って、サンドラ・ブロックのキャストは大成功。最初の候補はアンジョリだったとか聞きましたが、コティヤールとかナタリー・ポートマンとかキャストは二転三転してサンドラに決定。サンドラの健康美、逞しさがあってこその映画だったと思います。
クルーニーの出番が少なかったのも計算づく?
後半のサプライズ出演は観客へのサービスっぽいしw
以前に紹介したクラークの小品「月の犬」の中で無意識が感じる危険とその危険回避のための行動開始を促すために意識表層に効果的な刺激を与える自己のシステム―――特定の危機的状況を一瞬にして感じさせる夢を自分に見せる―――それと同工の演出を感じてしまいました。まあ、後付の解釈ですけれど。

サンドラがMSだったのも着陸船の操縦に不慣れで一層危機感をあおるための設定だろうし、ISSや中国のステーションが無人だったのもちょっと不思議。(ISSの方はソユーズが一機離脱済みだから駐留組はそれで脱出? 天宮は高度が落ちていたからこちらの乗員ももう脱出していたのかも。それにしても神舟が残ってたけど。。)
"No Chinese!"には笑ってしまった、確かにあの状況だったら誰でもそう叫ぶでしょうね。
一難去ってまた一難どころかよくこれだけ御難が続くと思われるのだけれど、実際宇宙へ出れば現実はこちらに近いのでしょう。何か一つエラーがあっても機械は正常に動かない、正常に動かなければ地上帰還は果たせない、つまり死あるのみ。

人類は重力の自縛を振り切って大気圏を抜けやっと惑星を周回する軌道の高みにまで至ったものの、生存のためには恐ろしいほどの設備が必要であり、支える技術は確かに進んだけれど基盤になるハードの整備は限られた資材と動きもままならぬ宇宙服に身を固めなければ外へも出られない脆弱な肉体の少数の者に頼るのみだという(おそらく)これが現実だよ、とあらためて見せつけられたような気分。
映像は圧倒的な地球の美しさと空間の暗さ。浮遊するシャトル、ステーションなどを容赦なく照らすライティングも実によかったです。

さまざまな苦難の果てに奇跡的に帰還を遂げたサンドラが実感した地球の重力、まさに生きていることの重さだったんでしょうね。
いやはやある意味怖い映画でした。終わった後はとても幸福感を覚えましたけれどもね。

ダン・ブラウンの「インフェルノ」上下読了。2回読んで実際に行ったことのあるところの記憶もよみがえってきました。「ロスト・シンボル」でちょっと危うい精神世界に行きすぎ?と思っていましたが、今回はちゃんと現世に戻ってきました。

上田早夕里「深紅の碑文」 楽しみつつちびちび読書中。前作「華竜の宮」の続編になるのだけれどほとんど一つの物語として読むのがよろしいかと。近未来、人類が遺伝子操作の末に変貌をとげ、さらに避けられない地球規模の大厄災が迫るのを前に生き残りをかけて生きる場の違う人々が粉骨砕身する、その独自の世界観に圧倒されます。
時折見える甘いほどの人間ドラマも見逃せません。人工知性体が妙に人間ぽくって魅力的であります。

やっとこせレンタルで「マン・オブ・スティール」見ました。
確かにこれは……。しかし久々にラッシー萌いたしました。お亡くなりになった後もたくさん出番があって惜しみなく姿と声を見せてくれるたので、後半のあの批判轟々の破壊するだけの戦闘シーンにも何とか耐えられました。存在感と穏やかさを感じてしまいますw

月末にはSHERLOCKのシーズン3が到着予定。かくて、今年ももう1/12が終わろうとしてるなんて。。ちょっと疾すぎじゃありませんか?

Happy **th birthday to me

一昨日は誕生日でした。二日もあとに記事にするのも変なんですが、一応記念日としてエントリします。
例年のことながら元日の一週間あとの誕生日というのはどうもノリが悪い……自分でもかなり軽視しています。
もう何かいろいろ食べるのも飽きたし、のんびりしすぎて今さら遊びに出る気にもならないし。
結局毎年、そろそろ日常生活をちゃっちゃとおくらにゃ~という休日気分からの脱却の目印みたいなものとなり果てています。
でも、持つべきものは家族と友人。
たんおめ(あけおめ式縮約形)のメッセージをいただき(忘れずにいてくれたのはFBのアラームのせいか?)ありがとう!!
子供たちからはボウルとプレートのセット、ティーセット、それにコーヒーメーカー(壊れていて新しいのを買いたいと機種の相談を持ちかけていた)が届きました。
びっくりしたのは相談したわけでもないのにプレートセットとティーセットのブランドが同じだったこと。並べると全部セットでそろえたみたいに豪華になりました。
長年の付き合い(?)で好みがわかっていたからだと信じたいなあ。
雪も降らず暖かい誕生日、また一年何が起こるかわくわく気分を持ちつづけていきたいものです。

2013年から2014年へ

P1170455s
明けましておめでとうございます。
時折白い物が混じる空模様の元日です。
手持ちの「馬」グッズを集めてみました。

昨年は大過なく過ぎました。家族も健康で近くに住む二男、大阪に住む長男、東京で勤める長女、みんなとよく顔を合わせよく語らいました。全員元気で頑張っています。同居の母もあちこち痛いとこぼしながら大阪に東京に、各地の旅行に意欲は大です。
旅行といえばイタリア旅行は収穫大でした。SWのロケに使われたガセルタ宮殿、天使と悪魔のロケ地巡礼など盛りだくさんで自分の足で歩いた大切な経験でした。

2013年を振り返って、一番興味を持って時間をかけたのがシャーロック・ホームズのオーディオブックのテキスト化だったように思います。そもそもリスニング苦手の人間が一語も逃さず聞き取ることの困難さは予想より大きなものでした。ネイティヴにチェックしてもらって初めて「どうしたらそんなふうに聞こえる?」とまるで謎解きまがいの個所もありました。ともあれ、完全ではないものの何とか年内に済ますことができてひと段落です。続編が出てくれないか期待しているのですが、いかがなもんでしょうね?

読書はミステリ中心にSFというエンタメの王道を行きました。
中高の頃に読んだもので復刻版が出るとつい手が出てしまいます。
ところが以前あれほど熱に浮かされて読んだ作品が今読み通すだけの根気がなくなっているのに愕然としたり、以前には気づかなかった内容に驚くほどの深みを感じたり、年齢と共に感じ方は変化します。それは良くも悪くも変化というものなのですね。
また比べてみると昔の文庫本の活字の小ささに驚きます。最近ますます活字が大きくなり行数が減って、読みやすいけれど内容まで希薄になっていくように思うのは単なる気のせい?
読書好きの友人のお蔭で読書の範囲が広がったのも収穫です。お互いに既読書の貸し借りをしては新たな面白さの発見をしました。北欧ミステリや遅まきながらの池井戸潤などなど。

映画は一時よりも劇場へ足が遠のきました。近くのシネコンに見たい映画の字幕版が来なくなったことも一因、でも自分の機動性が衰えたせいかも。
一押しはスタトレ、STIDは期待通り。いくつか胸が熱くなるファン泣かせのシーンがあって久々にスタトレ熱がぶりかえしました。そのせいでBlu-rayのボックスという散財の結果になりました。

クロスステッチはぼちぼち切らさずに続けています。28カウントのリネンを使い出して仕上がりのきれいさにもう抜けられないかと。ただし目に来ます。夜半になると布目が数えられなくなりました。いくつか大き目の作品とクリスマス前に小さなオーナメントをいくつか作ってかなり満足です。

本来の仕事は相変わらずです。適度に頭を使える利点は大です。ただ帰宅が午後10時過ぎになるのでそれから食事を済ませるとPCに向かうのが深夜になってどうしても就寝時刻が遅くなるのが一番の悩みです。生活時間の改善、それと定期的に適正に運動する、これが今年も最大の課題です。

まとめとして、まずは健康が第一。昨年年初めに胃の具合が悪いとの思い込みから一種のストレス障害を引き起こしたのも痛い経験。そろそろ先のことを考えなければならない年齢に突入して人間死亡率100%と開き直ってみるけれど、できる限り健康でいる自己管理には努めたいですね。
第二に、知的好奇心を持ちつづけること。自分の興味ある範囲だけでなく、知らないことを知りたいという素朴な気持ちを持ちつづけたいですね。すべてから学ぶことができると思いつづけ実践したいものです。
第三に人とのお付き合いを大切にしたいこと。リアル、バーチャルともにお友達は宝です。義理のお父さんを自宅介護してみとった友人の献身ぶりに頭が下がり、ネットで毎日のように顔を合わせるお友達の日常をわがことのように感じたり、どちらも私にとって何にも代えがたい宝物です。

ということで、特筆すべきこともない年頭の感慨でしたが、皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。