my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« トリニティ牧師館の盗難事件 3 | Main | イタリア Viaggio corto1 »

93歳ホームズ日本に……?

Ianmckellen_s

STAR TREK INTO DARKNESSで久々にST熱が再発して、旧作劇場版のBRボックスを購入、時間を見つけては毎日見ています。
平行してSTIDの角川文庫のノヴェライゼーションを読むと(当然ながら)あまりの映画の再現性にこれはペーパーバック版もほしくなりました。

Stid_cover
こちらはゆっくり読んでいきます。


さて、表記のホームズ関連記事はIan McKellen To Play Sherlock Holmesがソースです。
なかなか面白そう、ビル・コンドン監督の映画 'A Slight Trick of the Mind' でマッケランが御年93歳の引退後のホームズを演じるらしいです。

どうもこういう話らしいです。
引退して久しいシャーロック・ホームズは50年前の未解決事件が心のどこかに引っかかっていた。しかし寄る年波に勝てず断片的な記憶しかない。怒りっぽい夫との対立、情緒不安定な美しい妻との秘めたつながり。さしものホームズの伝説的な知力も衰えを隠せず、旧友のワトソンはすでにいない。ホームズは人生最後の難事件に向き合う。:(Hollywoodreport)

物語は1947年、ホームズは93歳。記憶力の減退にいらだちを覚えている。養蜂業で作るロイヤル・ゼリーが長寿の鍵だと信じてやまず、研究を続ける中で戦後の日本へやってくることになる。
日本でホームズは戦争の勃発とともに姿を消した英国の元外交官、しかも彼はホームズのことを知っていたというのだが、その息子に出会う。ホームズにはそれに関する記憶がないがなぜかその未解決事件に強く惹かれる。
このときにはワトソンはずっと以前に他界しているが映画の中には何らかの形で現れるかもしれない。原作の小説は3つのストーリーラインが組み合っている。サセックス、日本、そして1902年、ホームズが現役の探偵で"Glass Armonicist"事件に取り組んでいる(そしてこれはまだ未解決)撮影は来春からに予定されている。:(empireonline)

歴代のホームズ役者にまた一人、サーが加わります。なるほどホームズ役には細身、長身それにそこはかとなく漂う冷酷さが合うのだなと。 マグニートがやるのはぴったりだけどキャプテン・ピカードではミスキャストだわなあ。
かと言ってまったくの冷酷無比なキャラクターでもないところがまたミソで。仮面の下にかなりのパッション、ロマンを秘めている、そしてもちろん人情も。彼を知る人には傲慢、冷酷な顔もはにかみと人付き合いの下手さを隠す虚勢にも見えてしまうという、ある意味とてもかわいらしいキャラクターではありますね!

Comments

おお、なんかすごいですねえ!日本が舞台に?悪役じゃないと良いけど。。。
93で現役探偵……期待しちゃいますね!

ノヴェライズよかったですか? う〜む買おうかなあ!

>onionさん

戦後の日本にホームズが?!
なんだか今度の”ウルヴァリン;サムライ”を見るのに気乗りがしないようにどんな日本の描き方をするのか気がかりです。
ただカーテンにしてもスリーピング・マーダーにしても一線から退いたかつての輝ける星の最後の光輝を見せる、ボーナストラックは見たい気持ちと見たくない気持ち半々になります←とはいいながらしっかり見ると思うけど。

こんばんは。

ワトソン君もいないのに、年をとってますます気難しくなったらしいホームズ先生の相棒役(外交官の息子さん?)を務めるのは骨が折れそうですね。
角川のノベライズは読みましたが、カップケーキちゃんが殉職しててちょっぴりショックだったです。

>Chikoさん

そうそう、1で酒場でそもそも乱闘を始めた因縁の相手だったですね>カップケーキくん。
実写していたらやられ方が無残でR指定になっていたかもです。
久々にTOS全話を見たくなってBRボックスに手を出しそうです。
ホームズの新作ものも見たいですね。
シャーロックS3関連のスポイラーは敢えて見ないようにしています。

Post a comment