my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 怖い話 ———昔猩々、今SHERLOCK | Main | 緋色の研究———モファットによる前書き »

シャーロック・ホームズの冒険———ゲイティスによる前書き

The_adventures_of_sherlock_holmes

BBCの"シャーロック"のヒットによって、原典のサー・アーサー・コナン・ドイルの一連のホームズ作品が新たな読者を獲得している模様です。
ペーパーバックも表紙をドラマの写真に一新して新版を発売しています。「冒険」「緋色の研究」「四つの署名」「バスバヴィル家の犬」、それぞれにM.ゲイティス、S.モファット、B.カンバーバッチ、M.フリーマンが前書きを書いているというおいしいおまけが付きます。
ゲイティスの前書きの簡単な抄訳をしてみました。いかにホームズ物を愛しているかが言葉の端々から伝わってくると思います…が。(伝わらなかったら訳の拙さだと思ってくださいね)


↓ここから

古いブライアーのパイプを取り出して、未開封の手紙を暖炉の上にジャックナイフで刺し止めたわたしは物思いにふける。窓の外では秋分の大風が唸りをあげて、見知らぬ人が必死に呼び鈴の紐を引いているのが聞こえる。さあ、冒険に乗り出す準備完了だ。用意はいいか?

「シャーロック・ホームズの冒険」の前書きを書く機会をいただいたことは真に名誉であるとともに大きな喜びである。ひとつには本書はわたしにとってすべてのホームズ小説の中で最高の一冊だからである。本書はアーサー・コナン・ドイルによって書かれた最初の文学作品としての成功を収めたもので、彼の驚くべき独創的な才能からあふれ出たとどまるところを知らない機知にとんだすばらしい着想のうねりの中で書かれたものである。

しかしながら本書がわたしにとってこれほど身近な存在であり続けたのにはもう一つわけがある。まさにこれがわたしが最初に読んだホームズとワトソンのコンビが事件を解決する本だったからだ。
文学における「不滅の友情」を初めてそれと意識したのがいつだったかはっきりしないが、7歳以前に教室の壁にホームズの絵がピンで留められていたのをはっきり覚えている(それには"名探偵"という題が付いていた)。バジル・ラスボーンとナイジェル・ブルースのすばらしい映画は、永遠に消えることのないイメージをすでにわたしの心に焼き付けていた。
どうしようもなくダサい子供だったわたしは小さな黄色いプラスチック製の曲がったパイプにココナツ・タバコ(*甘いお菓子)を詰め込んで(何せ1970年代のことだったのだ!)、懐具合の悪いときはこれは刈ったばかりの草になったりしたが、父の吸うエンバシーno.3の煙草の灰の長さから彼の行動を推理しようとした。だが父が泥に足を踏み入れた、そしてネイションワイド(*BBCの平日のニュース番組)を見ながら煙草に火をつけたということ以上にわかったという覚えがない。

ところがわたしはまだ原作のどの話も読んだことはなかった。ある運命的な土曜日が来るまでは。
それは、ようやく風疹が治りかかったところで、病気でがまんしたごほうびにWHスミス(*英国中心に展開する本、CDなどの大手チェーン店)で何でも好きな本を買ってもらえることになった日だった。
たくさんの欲しい本の中であれこれ迷った末に、わたしの手の真っ新の50ペンス紙幣と交換する栄誉に浴したのは、表紙がシドニー・パジェットのイラストの分厚い紫色のパン・ペーパーバックだった。それが「シャーロック・ホームズの冒険」だった。どのページをめくってもぞくぞくするようなミステリーと、ややあくの強いヴィクトリア朝時代の魅力があふれているという予感がした。わたしはたちまちぞっこん参ってしまった。
しかし本編が始まる前に前書きがあった。内容自体はあまりよく覚えていないが、その最後が感動的な情感に満ちた文で締めくくられていたことだけははっきりしている。それはこんな具合だった。「自分がまだこの話を読んでいなければどんなによかっただろうと思う、これが初めて読むのであったなら!」その夜わたしはベッドに戻ってその文に身震いした。ぼくはこれから初めて読むんだ!と。

ページをめくり、ハザリー氏の親指の恐ろしい顛末を知り(*技師の親指)、あの悪名高いアイリーン・アドラー(*ボヘミアの醜聞)や高慢ちきなジャベズ・ウィルソン(*赤毛組合)に出会った。奇妙なネズミ(A Rat)の意味に気づき(*ボスコム谷の惨劇)、イライアス・オープンショウに死を宣告する封筒の中身を知った(*オレンジの種5つ)。まだある、アイザ・ホィットニーと「金の延べ棒」(*唇のねじれた男)、クリスマスの鵞鳥に隠された秘密(*青い紅玉)、ストーク・モランにあるロイロット家(*まだらの紐)。
全編が深紅色のヴィクトリア時代のベルベットにも引けを取らない濃厚でめくるめくメロドラマで「冒険」はわたしの期待を裏切らなかった、いやそれ以上のものだった。
どの物語も核心部分には、これ以上似ても似つかぬという二人の男の間に通う暗黙の心にひびく友情があった。世間に通じ、直裁で尊敬に値するワトソンと浮世離れした冷徹で傲慢なホームズ。わたしはこのくだりを読むや、ふたりがとてつもなく好きになった。「シャーロック・ホームズにとって彼女は常に『あの女(ひと)』である。」ロマンスの香りをかぎつけ、それが失われたことをそれとなくほのめかす憂いを感じたからだ。

これらの物語からベイカー街221Bの舌なめずりしたくなるような情景の詳細を知ることができるし、決して読むことができない事件について初めての言及があるのも知ることになる。(パラドール・チェンバーの怪事件! アマチュア乞食クラブ事件!ワーバートン大佐の狂気!)(*オレンジの種5つ/技師の親指)ホームズの冷徹なくせに人を魅了する天才ぶりを改めて感じさせられるのである。

スティーヴン・モファットとふたりでこの話を現代版でやるという着想を得たとき(正確には現代版をまたやろうとしたときというべきか。ラスボーンとブルースがもうやっていたからだ——*ユニバーサル制作、1940年代に舞台を設定した。ラスボーンがホームズ、ブルースがワトソン)
豪華絢爛のヴィクトリア時代に愛着が持てずに舞台を現代にしたのではない。むしろ彼らの不滅の友情を覆い隠す霧を(文字通り)ふきとばしたいと思ったからだ。わたしたちはすっかりホームズとワトソンの二人に夢中になった、そんな気がした。
どうしてこれほど彼らに恋焦がれてしまったのかをはっきりさせるために、まず素晴らしい原典に立ち戻りたいと思った。この作業を行ったことで、このまえに書いた脚色の中で、わずかであるが原作のいくらかの部分をドラマ化して描くことができた———これはかなりうまくいったと自分で言えるのがうれしい。
たとえばバーツ病院での二人の運命的出会い、死後の痣の出方を調べるために死体を鞭打つホームズ、戦争で負傷したはずなのに妙に楽に動き回るワトソン、関心のないことには驚くほど無知なホームズ、地球が太陽の周りを回っているという事実を知らないとか! これらのことである。

わたしたちは自分たちが創造したベイカー街のやんちゃ坊主たちに対する反響に感動したり喜んだりしつつも、常に回帰すべきはドイルであることを忘れなかった。いくども問題が頭をもたげたが、いつも答えはサー・アーサーが用意してくれていた。
「花婿失踪事件」(*本来なら同一人物事件とでもいえばいいのか)を読み返していたときに珠玉の発見がたまたまあった。
作中でホームズとワトソンは一人の女性が221Bの番地表示をためらいながら見上げるのを観察している。「『こういったそぶりは前にも見たことがある』暖炉に煙草の吸い殻を投げ込んでホームズが言った。『舗道でそわそわするのは恋愛沙汰と決まっている。助言が欲しいけれどこういったことは内容が微妙なので人に話したりわかってもらえるかどうか迷っている。だが、ここからでもはっきりわかる。男にひどい目にあわされた女はためらったりしない、そういうときにはたいてい呼び鈴の紐を引きちぎる(ほどに鳴らす)ものだよ』
これ以上に純粋で素晴らしく書き得ることができるだろうか。

「冒険」をむさぼるように読んだあと、わたしは他の話も全部読みたいという愚かな願望に取り付かれて「コンプリート・シャーロック・ホームズ」(*ホームズ全集)に手を出した。
もちろんモファットが指摘したがるように、シャーロック・ホームズ全作を読んだことが子供の遊び仲間のなかで名誉の勲章になるなんて妄想するのは完全にいかれてるやつだけなのだ!
今日に至るまでわたしは時間をかけてもっとじっくり作品を味わっていないことが悔やまれる。いまでもあの古いよれよれになった本は手元にとってある。どの黄ばんだページにも愛着があり、中にあるたくさんの喜びに心をときめかす。あの最初の一連の作品「冒険」はいつでも一番のお気に入りである。

ゆえに、はるか昔のPanペーパーバックの前書きの言葉を借りるならば、"この本を読むのがこれが最初ならどんなによかっただろう。”と言いたい。
もしこれを読んでいるあなたが、まだこの作品の神聖なページをめくっておらず、阿片窟と悪魔のような継父の世界や、血塗られた高価な宝石と復讐を誓う秘密の結社などの世界にもろに頭から突っ込んでいないのなら、わたしはあなたがうらやましい。 ほんとうにうらやましく思う。あなたは今一生に一度の楽しいひとときを経験しようとしているのだから。

マーク・ゲイティス

*印は訳者による注

Comments

うわー!!すごいーー!!
感激です!!
Helvaさんの翻訳にも愛が溢れてますよ!!!
私は英語がわからないのでもっぱら翻訳本なんですが、
今は日暮さんの翻訳本を読んでいます。
ホームズのファンの方なので解説なども詳しくて良い感じです。
しかし「シャーロック」の面白さは「ホームズ愛」から来ていたんですね。
(ブルーレイのメイキングでの語りも見ました。)
「指輪」といい製作者の「愛」が作品を作るのだなあと改めて思いました。

>マクノスケさん

なんでも大儀がるわたしにネット上でSHERLOCKの話題を追っかけて行くのはちと荷が重いのですが、文字になって落ち着いたものをゆっくり紹介するほうが性に合っているような気がします。
またぽちぽちほかの前書きも訳してみたいと思います。
それにしても、たとえば英国人にとっては常識の日常事でもわれらにとっては調べるのが困難なことがいかに多いことか。
まあ逆も同じなんですが。ええ。

こんばんは。

翻訳ありがとうございます!
長文はお手上げ派なので、とてもありがたいです。

DVDのコメンタリーからもモファットさんとゲイティスさんがいかにマニアかがよーくわかります。
こちらの訳文を読んでいたらまた「冒険」を読み直したくなってきました・・・

>Chikoさん

自分も楽しみながら訳しました。いまモファットさんのにかかっています。
みなさんコアなホームズ・ファンなんですね。子供のころから親しんでいる。。。
そういえばわたしも小学生のとき学級文庫でアルセーヌ・ルパンを読破、次にホームズを読んだ覚えがあります。
最初はルパンが好きでしたが高学年になったらホームズが好きになった覚えが。
謎解きのプロセスが小気味よくて楽しかった!
BBCのおかげでその楽しさを思い出すことができました。

はじめまして。
訳文を読ませていただいて感激してます。
この本欲しくなりますね!

今年の夏からだだだーっとシャーロックのドラマにはまっているんですが、子供の頃からホームズも好きでした。
シャーロックにはいろんな素晴らしい要素があって、何もかも好き!なんですが、特に製作陣のホームズ愛ぶりが感じられて大好きです。
そういう意味では、脚本も書き演じてもいるこのゲイティス氏に一番惹かれます。

拝読してて、わーーと興奮した箇所がありました。
風疹が治って初めて買った紫色のパンの本。
うちの本棚にもあったはず。
ゴソゴソ探したらやっぱりありました!
もちろん英語は読めないので、買っただけだった本ですが、ゲイティス氏の話に出てくる前書きのその部分だけさがしました。
ありました!この本を手にとってワクワク読みふけったマーク少年を想像して楽しくなっちゃいました。
もういちど、ありがとうございました。

>YOKOさま

こちらこそはじめまして。
拙い訳文で失礼いたしました。ほとんどどなたの目にも止まらないだろうと気まま勝手に楽しんでいました。
 
パンブックスをお持ちとは、これまた筋金入りのファンであられますね。
うちにはあるのはコンプリートぶっといペーパーバックだけです。それも気になるところをつまみ読みしかしてなくて(だって、翻訳がたくさん出ているし、時間もかかるしw)
でも「紫」の本を持っているだけで、イギリスの少年の追体験ができるのですから、これはお値打ちものですね。

SHERLOCKはドラマそのものも素晴らしいし、翻案のやり方、センスも抜群。そしておっしゃる通り制作陣の一連のホームズ作品に対する個人的な愛情がベースになっているのが感じられますね。そこがまた大きな魅力です。

わたしもゲイティス氏にぞっこんで、シーズン3の制作開始を首を長くして待っています。
今のところcase book をぽちぽち読んで無聊を慰めています。
またお話したいですね!

Post a comment