my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 昨夜の出来事(正確には一昨夜——語呂がわるいから) | Main | 今年も咲きました »

夢のような出会いということ

Supreme_happiness

ある本の一部を引用してみる。
———前回、いまの私は有体に言えば暇、と書いたが、具体的にどれぐらい暇かというと……。

一、このあいだも読み返したばかりというのに、またもや人生何十度目かの『ガラスの仮面』再読(白泉社漫画文庫版で二十三冊)を達成した。
二、橋本治の『窯変源氏物語』(中央公論新社文庫版で十四冊)を全巻再読した。
三、『サイボーグ009』(秋田漫画文庫版で二十一冊)を三晩連続睡眠不足になりながらも無事に制覇した。

三浦しをん著「夢のような幸福」(新潮文庫)より。

1月に同著者による「舟を編む」を読んで面白さにあてられてから、例によって図書館通いをしてハードカバーの三浦作品をほぼ制覇、まだ足りないと自費で文庫に手を伸ばすこととあいなった。
文庫がこれまた多い、どれにしようか迷いながら題名とカバーのあんまりのキッチュ感にこちらが恥らいながら手にに取ったのが「夢のような幸福」、たまたまぴらりとめくったのが上記の「暇を計測する」のページだった。
ここであらためてガーンとなった。
「ガラ仮面」と「窯変源氏」と「009」の取り合わせ! はばかりながら敢えてこんな取り合わせを選ぶのは世界広しといえどわたしくらいだと思っていたから、まるで自分のヌード写真が(そんなものないけど)知らないうちにパブリックドメインとしてさらされているような羞恥心に近い衝撃を受けてしまったのだ。
これに岩波文庫版「紅楼夢」十二巻まで書いてあったらきっと卒倒して、次にもしやこの人はわたしのドッペルゲンガーかと面会を申し込みに行ったかもしれない(というのはうそ、それくらい吃驚だったってこと)

この後エッセイ本を都合4冊読んでいるがどれもが期待を裏切らない。病院の待合室で思わず吹き出して横の人に怪訝な顔をされた。外で読むのはやばいと就寝前に読むことにしたが、夜中に布団の中で笑いをこらえて悶絶している。
もちろんここに書かれたたくさんの自虐ネタが周到に計算された面白さであることはよくわかる。それでもうまい、凡人が感じていることと同じところから始まって、そうだそうだと共感しているうちに、術中にはまってしまう。乗せられて彼女の思い、時には痛みを追体験して、一体感を持ってしまう。ああ、上手だ。

つらつら振り返って考えるに、ニュースを聞きながら「つい今しがた午前七時から再開した会議で…」などとアナウンサーが言おうものなら「午後だろうが!」と突っ込みを入れる。朝のワイドショーで「めった刺しにされて…」と言えば「滅多切りや滅多突き、滅多打ちはあっても滅多刺しはない!」と茶々を入れ、「食べれるし、見れるし~、ぜ~んぜん良いしぃ~」なんて聞こうものなら「気持ちわりぃ!」と怒る。周りの家族から、いい加減にせいやといつも言われる。
ああ、わたしってこんなに狭量な人間だったのかと「ただこれ天にして、汝が性のつたなきを泣け」と自戒していたのだが、三浦エッセイを読んでいてわが意を得たりの部分があまりに多く、うん、これでもいいのかも、これもありかも…と少し自信が持てるようになった。

しかし見過ごしてはいけない。短い抱腹絶倒のエッセイの中に実は砂金のようにきらりと光る一文が必ず隠れている。それは最後の一行であることも多いが、なんだかこの人はこの一行が書きたいがためにこれを全部書いてきたんだなというようなほっとした気分にさせられる。
蓋し(わたしにとって)名エッセイたる所以であろう。

ここではっと気が付く。この人って娘くらいの歳なんだよね。その人と共感覚もってるなんて、彼女が老成しているのかわたしが幼いのか———聞くだけ愚問だったか。

Comments

なんだか面白そうですね。興味が沸いてきました。
しかし「ガラかめ」と「009」をイッキ読みはすごい。
私は「ガラかめ」をコミックスで持っているのですが
この2巻くらい買ってまだ読んでいなくて…いい加減読まなくちゃと思っています。
最近は友人や病院のOTの先生から「ワンピース」を読めといわれて
いるのですが20巻まで読んで挫折中。
あと追いつくまでに45巻…厳しいなあ。

>マクノスケさん

ガラかめとぼく玉はむすめが読んでいたのを横から奪って読みました。
009は同時代で、それこそキング、マガジンとともに歩んできましたよ。

三浦しをん、楽しいですよ。若いのに(w)よく本を読んでる、よく漫画読んでる、映画もBLもなんでも三浦式に脳内変換されて妄想爆走。
読んでて時間の過ぎるのを忘れます。一度お試しあれ。

この表紙をただ本屋で見かけたら……買いませんよねえ? でもHelvaさんの紹介読んだら、本当に面白そうです!

何かの縁で本とであって、自分と同じ嗜好だとわかったときの驚きと喜び……これはたまりませんねえ!
しかし「ガラかめ」……本当の最初の頃だけしか知りません。あれと王家のなんとかとデーモンの花嫁? あれを一気読みしたら、餓死しそうw
ゴメン、マクノスケさん、わたしぼく球も挫折した〜w

……スミマセン、「ぼく球」はHelvaさんが書いてた……そして、「ONE PIECE」も1巻で挫折したわたし。。。

>onionさん

王家のなんちゃら、デーモン、ONE PIECE、わたしもみんな挫折してます。
行けたのは龍玉くらいかな。
考えてみるとマンガは超長編が多いですね。何のことはない、好みの問題ですかね。

同じ趣味を持つ人を発見すると赤の他人と思えない親近感を抱いてしまいます。特にコアな好みだとなお一層ね。

ヲタク感覚のやからの集まりみたいに聞こえてきた?

Post a comment