my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 世界で一番おいしい紅茶の淹れ方 | Main | 旅にでます »

まだ見ぬ同志 とも

P1090865

近所に古紙回収業者のトラック置き場がある。そこにはいつも新聞の束や雑誌、段ボールなどが山積みになっている。
収集してきたものの一時置き場なので山ほどあったかと思うと翌日にはすっかりなくなってトラックだけが止まっている、そういう状態である。わたしたちは近所の役得で新聞雑誌など少したまると即、集積所へ置きに行く。

二日ほど前、例によって新聞の束を持って行ったときのことだ。ふと一つの段ボール箱が目を引いた。いらない文庫本を整理したのだろう、ぎっしりカバーのかかった本が入っている。そのカバーに見覚えがあった。
茶色に黒の筋、Univ Coopの文字--大学生協のカバーだった。もちろん全国の大学生協で同じ仕様の文庫カバーを使っているのだからこの本の持ち主が本を買ったのがわたしの母校とは限らないのは承知であるが。

好奇心から本を取り出してみた。その時の気分といったら、まさに驚愕、ショック。まるでかつての自分の本棚を見ているようだった。
生協のカバーのほかに今はもう店舗が移転してしまった市内の書店の茶色にゴシック文字のデザインのカバー、もう一軒の書店の深緑の地に白い鳥の線描のあるカバー。
わたしが学生のころ買って保存していた本が、いま目の前に並べられたような錯覚にとらわれた。カバーはすべて几帳面にぴっしり本に合わせてきっちり折ってある。この「本フェチぶり」はただものじゃない、とかつての自分を揶揄する気分になった。

カバーがかかっていない本もあった。平井和正の新書版「幻魔大戦」が幾冊もあった。あっと思って手近の文庫本を確かめると、豊田有恒、筒井康隆……おどろくことにすべてSF だった。

運命論者ではないけれど、何か不思議な天の配剤を感じた。この箱が捨てられた日にわたしが新聞を捨てに来て目をとめた。一日違いでこの箱はどこかへ移されて処分されただろう。SFに興味がない人が見ても気にも留めなかっただろう。大学生協のカバーがかけてなかったら目を留めなかっただろう。

持ってきた新聞をおいてわたしは迷うことなくその段ボール箱を抱えて家に戻った。一冊ずつ取り出して中を改める。わたしの記憶にある当時のカバーであるからこの本の持ち主はわたしとそれほど年齢は離れていないのだろうと思われた。広げながら、持ち主の気持ちがわかるような気がしてきた。そして知らず知らずのうちにその人に語りかけていた。

文庫の天地や小口の着色はそれ相応の年代を経ていることを示している。しかしどこにもシミ一つない。表紙の日焼けもない。おそらく読んでからずっとカバーをかけらて本棚に並べらていたのだろう。きっと大事にされたんだね。でも、あの当時SF 好きというのをおおっぴらに示すのは照れがあった。当時はオタク視されかねなかった。だから本棚に並べるときにカバーをかけていたんだね。外にタイトルも書かずに。わかるよ、その気持ち。

筒井康隆が好きだったんだね。小松左京、光瀬龍の最高傑作もある。文庫版だね、わたしは日本SF シリーズで持ってるよ。
平井和正の幻魔大戦、漫画連載が打ち切られSFMの新幻魔大戦も中断、その後出た新書版を期待して読み始めた。矢継ぎ早に出る続刊を読むうちに、こんなはずじゃなかった、と思いながらまだ惰性で読み続ける……そして、心が離れてしまった。若い巻はカバーをかけてあるのに最後の方は投げやりになっている様子が見える。その遍歴が目の前に見えるようだ。わたしもそうだったから。

その後本はずっとご主人の本棚にいた。青春の思い出であり、かつてはひそかに心ときめかした大切な本だったから。しかし、長い年月が過ぎ、自分の中で「もういいか」という気持ちが少しずつ大きくなってくる。再読する機会もなくそこにあるだけで心が落ち着いた本だったが、そろそろ現在の自分に衣替えする時期だ。こうして〇ook Offへ持って行っても買い取ってもらえない本たちはまとめて段ボールに入れられて破棄された。

わたしは幾冊か抜き取って残りは集積場に返しに行った。不思議に気分が高揚していた。日本海側の地方のこの小さな市に、わたしの近くに、同じ頃に同じ本を読んで心ときめかした同志がいたのだ。どこの誰か確かめるすべはないし、知ってどうしようとも思わない。その人とて同好の士が近くにいたなどとは当時も今も夢にも思わないことだろう。

まだ見ぬ同志 とも よ、とわたしは呼びかける。わたしたちは孤独じゃなかったんだ。何十年か後にそれがわかった。それでも遅くない。わたしはうれしい。偶然の不思議さ、この出会いのうれしさ。これこそまさに Sense of Wonder !!

Comments

なんだかジーンとくるお話です。
とりとめもない日常の中にも意外なドラマが秘められているんですね。

慌しく日々のスケジュールをこなすことに一生懸命。
そんな人間の営みとは無関係に流れている別の時間・・・そんな気がしました。
急ぎすぎている毎日の中で、
5分でも10分でも立ち止まってみると、ドラマがみつかるかもしれませんね♪

その古本たちにもちっとタイミングがずれていたら会うことがなかったのでしょう!
顔をみたことのない「同志」をテーマにまた小説がかけそうじゃありませんか?!

ご近所に同士がいるなんて偶然ですねえ!!
私も先日からコメント戴いている方が、同じマンションの
私のブログを読んで下さっていた方だったんです。
その方が病院帰りに声を掛けて下さって知ったのですが、
スター・ウォーズやドール、旅行したい場所もいっしょで
前から声を掛けようと思っていたのだそうです。
「なんで顔を知っていたんですか?」と聞いたら
ニニさんを持って出掛けるところを何回か目撃なさっていたそうで…。
成る程~と思いました。(笑)

>しゅんけんままさん

これが最近の本だったらこんなに驚かなかったでしょうね。
SFもマンガも市民権得ましたから。
ひとむかし前にはSFが好きで読んでるとなかなか言えませんでした。変人だと思われかねませんでした。
それだけに同時代の「隠れSFファン」がいたことに感激してしまいました。

いや、小説などおこがましくてw
ただ人生には不思議なことがいっぱいありますね。

>マクノスケさん

それはすごいですね。それこそ遭遇接近というか。。。
先方さんはマクノスケさんに気付いていらっしゃったんですね!
声をかけてくれてよかったですね。またまたリアルでお友達が増えましたね。
マクノスケさんの人徳だわ~

ブログである意味、生の自分をさらけ出しているとリアルでそれを知ってる人と会うと面はゆいものですね。

はー、いい話。
でもわたしも同じ年代、古本を出したら似たようなラインナップになりそうです。
中には平井和正のように、ファンの友だちに全部借りて読んだものもありますが。
あの頃はオタクで少数派だったけど、こうしてネット時代になって見れば、決して孤独な趣味ではなかったんだなあと実感します。

onionさん

あ、ここにも同志が一人w
まさに隠れなんとかでしたね。
しかもわたしは隠れトレッカーでもありました(笑

意外と同じような体験を積んできた人が多いのかもしれませんね。

Post a comment