my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 早春――妄想その7 | Main | 世界で一番おいしい紅茶の淹れ方 »

種明かしの巻

7作にわたってご披露してきた妄想シリーズ、実はあと一作ありますが、できが今いちです。それにもう春も終わらんとしているので、妄想はこれにて打ち止めにして仕掛けのお話に移りたいと思います。
慧眼の読者の方々におかれては、もうネタはお分かりのことと思います。むしろ、手際の悪さを笑っていらっしゃるのではないでしょうか。

それぞれの妄想には元ネタがあります。元ネタへのオマージュのつもりなのですが、それぞれから継起されたイメージが膨らむに任せて、中にはまったく別ものに見える文をでっち上げたものもあります。最初はちょっとした思いつきとお楽しみで始めたものです。

妄想その1(春日)――徒然草序段

つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

妄想その2(春霞)――枕草子一段

春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

妄想その3(春憂)――島崎藤村 「落梅集」より 小諸なる古城のほとり

小諸なる古城のほとり          雲白く遊子悲しむ
緑なすはこべは萌えず         若草も籍くによしなし
しろがねの衾の岡辺           日に溶けて淡雪流る

あたゝかき光はあれど          野に満つる香も知らず
浅くのみ春は霞みて           麦の色わずかに青し
旅人の群はいくつか           畠中の道を急ぎぬ

暮行けば浅間も見えず         歌哀し佐久の草笛
千曲川いざよう波の           岸近き宿にのぼりつ
濁り酒濁れる飲みて           草枕しばし慰む

妄想その4(花雲)――滝廉太郎 作曲 武島羽衣 作詞 「花」

春のうららの隅田川          のぼりくだりの船人が
櫂のしづくも花と散る         ながめを何にたとふべき

見ずやあけぼの露浴びて      われにもの言ふ桜木を
見ずや夕ぐれ手をのべて      われさしまねく青柳を

錦おりなす長堤に           くるればのぼるおぼろ月
げに一刻も千金の           ながめを何にたとふべき

妄想その5(幻春)――小学校唱歌 春の小川

春の小川はさらさら流る 岸のすみれやれんげの花に
にほひめでたく、色うつくしく 咲けよ咲けよと、ささやく如く

春の小川はさらさら流る  蝦やめだかや小鮒の群に
今日も一日ひなたに出でて 遊べ遊べと、ささやく如く

間奏曲 ――孟浩然 春暁

春眠不覺曉    處處聞啼鳥
夜來風雨聲    花落知多少

妄想その7(早春)――津村信夫 「父のゐる庭」より 早春

淺い春が
好きだつた──
死んだ父の
口癖の
そんな季節の
訪れが
私に
近頃では
早く來る
ひと月ばかり
早く來る

藪蔭から
椿の蕾が
さし覗く

私の膝に
女の赤兒
爐(ろ)の火が
とろとろ燃えてゐる
山には
雪がまだ消えない

椿を剪つて
花瓶にさす

生暖かな――
あゝこれが「生」といふものか
ふつと
私の頬に觸れる
夕べの庭に
ゆふ煙
私の性の
拙なさが
今日も
しきりと
思はれる

あたら名作を迷作にしてしまった感がありますが、楽しみながら(あるいは苦心しながら)やってきました。
長々したたわごとを読んでくださってありがとうございました!
いただいたお褒めの言葉はすべて原作の素晴らしさによるものだと思っています。また機会があったら何かこんな遊びをしてみたいですね。

Comments

…( ゚д゚)やられた。
という感じで。
オマージュを「妄想」されるにあたり、春をテーマにした元ネタをこれだけリストアップできるというのがすでにステキです。

四季を感じる世界に共通なのか、日本が特にそうなのかはわかんないのですが、ほかの季節に比べて、春は「愛でている」描写が多い季節だなあと思います。
さびしさ半分、うれしさ半分、でもこれからだなあという未来に目が向く季節…かな、わたしにとってはですが。

あと一作も読んでみたい気はしますが、またの機会を待つのも楽しみがあっていいですね。
楽しませていただきました。

Oさん

ベタな元ネタばかりですみません。なんだか高校の現国や古典の教科書に載っていたのばっかりで。

美文と言われるものが大好きです。徳富蘆花の「自然と人生」とか、大好きです。
特に日本の美文は季節風物を愛でるものが多いですね。
深刻な問題や厳しい現実と向き合うことも必要ですが時には耽美的になって心をいやしてやることも大事かと。

妄想の中で気に入っているのが「花」と、苦労した「春の小川」。
ほかにも草野心平の「富士山」――川面に春の光はまぶしくあふれ……
なども候補に挙げてみましたが、あまりに細部まで描写ができているものは余分の空想が入る余地がなかったので、あきらめました。

ちなみに掲載しなかったものの元ネタは「春望」―― 国破山河在  城春草木深……
ってあれです。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

Post a comment