my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 春憂――妄想その3 | Main | 幻春――妄想その5 »

花雲――妄想その4

P1090623

ねえ、おっかさん。ごらんなさいな、きれいな桜だこと。
うっとりするねえ、こんないいお天気で。お天道様もあったかくて。
口を開ければ「きれいだねえ」って、ばかの一つ覚えみたいに言うけど、もうほかの言葉はでてこないのさ。
ここの土手の桜は八代様のころから植えられたんだって。満開だねえ。雲みたいだよ。

ああ、舟が行く。船頭が櫂を漕ぐ。櫂が水をくぐるとしぶきが上がる、しづくが滴る。きらきら光ってる。まるで、そう、まるでここの花びらが櫂の先から滴っているようだ。
花筏ってきれいな言葉があったね。もう少しするとここの桜もいっときに散って、川面を桜色に染め上げるんだろうね。
そんなときに舟遊びをしたら楽しいだろうね。一面の桜の中をゆっくり舟を進める。夢みたいだ。小唄の一つも口から出てきそうだ。
ああ、この景色をどういったらいいんだろう。何にたとえたらいいんだろう。

おっかさん、けさ朝靄の中で見た桜を覚えているかい。あれもまた一味違ったいい風情だったねえ。
朝露を浴びて少し寒そうに開きかけの蕾もあれば、露に濡れていっそう鮮やかに匂い立つような花房もあったねえ。
ひとけが無くて、まるであたしたちだけのために咲いてくれているようだった。桜が何か話しかけてくるような気までしたものね。
そうそう、あの夕暮れの景色もわすれちゃいけない。
ほんのり夕方まけてくると川面に風が立つ。一斉に芽吹いた青柳が昼の名残の暖かい風に枝を揺らす。ゆらゆら、ゆらゆら。まるで手招きをしているようだ。こっちへおいで、あたしも見ておくれって言ってるようだ。
見渡せば柳桜をこき交ぜてみやこぞ春の錦なりける……そんな昔の歌があったねえ。今も昔も変わらないんだ。きれいなものはおんなじなんだねえ。愛でる気持ちもおんなじなんだ。

おっかさん、長い一日だったね。そろそろ日が暮れるよ。だけどここは薄闇が降りてもほんのり明るい。桜が光をため込んでいるようだ。夜目にも雲みたいにうっとり白いよ。
あっ、お月様だ。なんてきれいな大きなお月様だろう。このどこまでも続く土手の桜の上に朧にお月様が朧にかすんで昇ってくる。
ああ、あたしはしあわせもんだ。こんなにきれいな景色を生きてるうちに拝めるなんて。このひと時がいつまでも続いたら。時が止まってずっとこのままでいられたらねえ。

おかしいよね、そんなことができないから、桜も月も柳もきれいなんだ。何もかもとどまることがなく変わっていしまうからいとおしいんだよね。 そんなことわかってるのに、このひと時を何かに封じこめてずっととっておきたいと思わずにはいられないのさ。やだよ、涙がでてきちまった。
昔、宋の時代の蘇東坡先生が「春宵一刻値千金」って詩に書いていたっけ。まさにこれだね。春の宵、この艶な風情は千金の値打ちがあるって。千金を積んでも買えないものなんだよね。言い得て妙というもんだ……って、あたしが言ってどうするんだよね。先生の方がずっと先に言ったのに。

おっかさん、今日はいい一日だったね。こんなきれいな桜が見られて……ずっとおっかさんと一緒に歩いている気持ちだった。

ああ、おっかさん、おっかさんにも一目見せてあげたかったよ。


妄想の暴走第四弾です。そろそろネタが危うくなってきた……かな?

Comments

今回は時代劇風ですね(笑)

さっきテレビのチャンネルをまわしていて、ちょうどNHKの大河ドラマに見入っていたところなんです。今話題ですものねぇ。県内あちらこちらで、『江』の名前を目にします。

次なるHelvaさんの妄想は、2100年あたりの未来が舞台になるのでしょうか!?楽しみにしています♪

しゅんけんままさん

おおっと、ちょっとびっくり。実はちょい未来に設定した話を考えていました。
見透かされてましたねw

どうも最近読んでいる本に影響されやすくて、設定がまんまなのでまずいかなあ。
明日くらいに書こうと思います。

日ごとに文章が長くなってきてる!
こんな綺麗な言葉が日本語にはあるんですね~しかもなんと綺麗に組み合わせてらっしゃるのでしょう。
子供の頃はこんな本をよく読んだ気がします。心が綺麗だったかしらw
最近はとんとご無沙汰していました。心が洗われるようです。

あ、そうだ!
Tシャツの販売は明日の夜中ですよ、お忘れなく(^^)/

Organaさん

日本人だれもが共通認識のように持っている春や桜への憧れがあるようですね。
古来から様々な文学作品で表現されてきました。
現代のわたしたちも自分の個別の経験をそこに投影して共感できるのでしょうね。

ええっと……この種明かしうはもう少し書き足してから行います。
なあんだ、ということになりますよ!

Tシャツ今夜ですね!
しっかりネットに陣取って待ち構えることにします。
ありがとうございます。

Post a comment