my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 今年のエイプリル・フール | Main | 春霞――妄想その2 »

春日――妄想その1

P1090601 
とりたてて何にもすることがなくて、だらだらとPCの前にすわって、あれやこれやと思いつくことをぐだぐだブログに書き連ねていると、なんとなく乗ってきて変にはまってしまった――

庭の片隅で今年もカタクリが咲きました。
妄想の暴走第一弾です。笑ってやってください。

Comments

カタクリの花がお庭で見られる・・・素敵ですね!

私の実の両親が栃木県の佐野市というところに住んでいた頃、近くに『カタクリの里』というところがありました。自然の木立の中にカタクリの花が群生しているところです。開花の季節には、写真をとりにわざわざ訪れる人が大勢いましたよ。

私にとって、庭に咲いている花というイメージがなかったもので、とても新鮮です。
苗かなにか買ってきてご自分で植えられたのでしょうか?

>しゅんけんままさん

このカタクリは何年も前に両親が山で採ってきた根が運よくついたものです。
今では採取が禁止されているかもしれませんね。
とにかく根が深くて、落ち葉が腐葉土のようになっているところを何十センチも掘ったらしいです。
一度根がつくと何の世話もしなくても毎年けなげに花をつけてくれます。いとおしいですね。

Post a comment