my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 春日――妄想その1 | Main | 春憂――妄想その3 »

春霞――妄想その2

P1090591

めずらしくも早暁に目を覚ました。まだ完全に夜が明けきっていない。
外に出て東をあおぐと、徐々に空が明るみだして遠くの山の輪郭がはっきり見えてくる。稜線に朝焼けの雲が細くかかっている。
その色、赤紫かかったピンクとでも言おうか、いやそんな陳腐な言葉では表せないような色。うっとりとして目が離せなかった。
ああ、いいなあ。春だなあ。こんなきれいな朝焼けが見られてほんとうに得した気分だ。

妄想の暴走、第二弾。笑ってくださいませ。

Comments

あ~いいなあ。景色にうっとりするHelvaさんも良いのですが、
こんな素敵な文章で綴れるところも尊敬。
お花も素敵ですねえ。
私ももっと春らしいお花買っちゃおうかなあ。

マクノスケさん

いや、あの、その。。。
お褒めをいただくのはちょっと面はゆい限りです。
これにはちょっとした仕掛けがありまして、もう少しこの妄想爆走を続けようかなと思っています。

花は庭に咲いたのをなるべく背景のごちゃごちゃが入らないようにとアップで撮ってみました。

Post a comment