my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 出でよ虹龍、または金の壷さがそ | Main | Tracks Santa/ サンタ大追跡 »

16世紀の人外魔境

Img_0078 先日、京都へぺーテル・ブリューゲルの版画展を見に行きました。
年明けにこの展覧会があることを知って以来、是非とも見なければと、カレンダーに印をつけていたくせに、なにやかや雑用続きで、終了一日前に滑り込みで行きました。

ブリューゲルは16世紀のフランドル生まれの画家で同名の息子も孫も画家の一家です。
ブリューゲルといえば思い浮かぶのは「バベルの塔」や「雪中の狩人」「イカロスの墜落のある風景」などの大作の油絵です。
以前に旅行でブリュッセル王立美術館へ行った折りに「イカロス」や「反逆天使の墜落」を直に見ることができて、これがあのブリューゲルかと感激したものです。(その後イカロスは日本へ来た時に再会しています)
ブリューゲルは初期に銅版画の下絵素描を多く描いているのですが、今回はその版画が多数日本で一挙に見られるという逃すことのできない稀な機会でした。

Bruegel1Bruegel2

農民の姿を生き生きと捉えた群像を描いたブリューゲルが、その才能を十全に開花させた一連の作品群。それは先人のヒエロニムス・ボッシュの系統に連なる奇怪な物、動物が画面全体にあふれかえった素描です。
個人的にはボッシュを卒論のテーマに選ぼうかと思ったほどボッシュの祭壇画などに興味があったのですが、そのボッシュに劣らず、ブリューゲルの寓意に満ちた物尽くしの絵は圧倒的です。描かれている想像の限りを尽くした造化の姿は同じものはなく、いくら見ても見あきることがなく、戦慄さえ覚えるほどの強烈なエネルギーを発しています。

Big_fish

圧巻だったのがポスターにもなった「聖アントニウスの誘惑」、それに「忍耐」「大きな魚は小さな魚を食う」(わたしの好みですがw)
空飛ぶ魚、頭から足の生えた怪物、卵の殻からわらわらと生まれる鳥、人ともカエルともトカゲとも壷ともつかないキメラ状態の生き物、そういったものたちの饗宴。
どの部分にも、どの生き物も何らかの意味を担い、部分は個別に存在を主張しながら、大きな全体を作っています。
時には画家の悪戯心の現れとしか見えない毒もあり、諧謔も皮肉も、それら全てが画面の中に坩堝状態で描かれています。
しかも背景には空白にしておくのを惜しむかのように、小さく鳥や森、都市や山脈や農地や港の遠景が書き込まれて、前景の異様に生物が蠢いているにもかかわらず、全体に風景画の体裁を保っているのですから、何とも不思議な感覚にとらわれます。ある意味、安定した気分で眺めることができるのです。
同時代の作家の同じテーマの版画もありましたが、ブリューゲルの持つ圧倒的な力には到底およびません。ブリューゲルからは画面が放射している力のようなものが感じられました。

終了間際ということもあってかなりたくさんの人が訪れていました。一作毎に前で立ち止まって仔細に眺めていると時間の経つのも忘れてしまいそうでした。
Boiled_eggおみやげにこれはキッチュだろうと言いながら「怠け者の天国」に現れる小キャラ、スプーンを突き立てたまま走り回るゆで卵のフィギュアを買ってほくほくしながら帰途につきました。


Comments

あ、何か中学校の頃こういう絵を夢中で見てたのをおもいだしました。
ルネ•マグリットとか、イエスのジャケットとか、時代は違っても何か規制概念を打ち壊そうという芸術がぴったりな年頃でしたねえ。
最近美術館から遠ざかっているので、新しい刺激が足りなくなってるかも。近所の美術館で面白そうなのを探してみます!

onionさん

マグリットも大好きです!
キリコも、シュールレアリズムといわれる作家は概ね大好き。
16世紀人のブリューゲルの時代を超越したようなぶっ飛びぶりに舌を巻きます。
最近地方の美術館でも個性的な特別企画展をやっていたりしますよね。
倉敷の大原なんかはいい収蔵品を揃えているようですね!

Post a comment