my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« March 2010 | Main | May 2010 »

虎は皮を残し、おとうさんはヌイグルミを残す

P1070364白戸家のおとうさんの後日談。

先日2月、3月とオンエアされたCMで当地の私鉄の駅舎が撮影に使われた話をしました。
それを記念して私鉄始発駅におとうさんが名誉駅長としてお目見えしました。手作りの駅長帽と記念の記章をつけています。
とりたてて事件もない当地のニュースにこの手の話題がトップで流れるのは、平和といえば平和な印ですね。
さっそく記念撮影をしてきました。おやおや、ニュースで見たときにはなかった無粋な透明アクリル製の箱に入っています。
確かに箱に入れてなかったらみんなに撫でられて1日で薄黒いおとうさんになってしまいそうです。

CMの方はもう忘却の彼方に去り、おとうさんは里帰りを果たして久々にお母さん(お祖母さんにあたる)の顔を見て、おかあさんに学生時代の写真など見られたエピソードが過ぎ、今度はセーラー服姿のお母さんと甘味処で青春真っ直中を実践中と、着々と現在進行形で物語は続いています。

過ぎゆくものは一過性のものとさらりと流してしまってもいいようなものですが、いまさらに飾るおとうさん駅長は、僻遠の田舎がなにかの拍子にスポットライトを浴びて、その面映ゆさと栄光をできるものなら永続させたいという願い表れなのでしょうか。(大げさに言うとね!)
数年前にNHK大河ドラマで描かれた人物に縁のある寺が市内にあります。今だに当時のドラマタイトルを大書した「○○の寺」という看板を出しているのを見るといつも薄ら寒い風が吹くような気持ちになります。
自分の力で勝ち取った栄光は何年経っても色褪せることはありませんが、他力で起こして貰ったブームの過去の栄光にすがるのは寂しい。時期がきたら惜しまれながら潔く思い出話にしてしまったほうが温もりが増すような気がします。
おとうさんの名誉駅長は期間限定、5月末までとのこと。日に焼けて色褪せたおとうさんを見なくて済んでほっとしています。

ロスト・シンボルとシンボル・クエスト

Lostsymbol1sLs2sダン・ブラウンの新作「ロスト・シンボル」上下読了しました。
天使と悪魔、ダ・ヴィンチ・コードに続くラングドンシリーズ第3作です。
舞台はヨーロッパからアメリカ、ワシントンに移り、われわれ日本人にとってはやや馴染みの薄い土地柄で地味な印象……と思いきや、ラングドン版24は健在で真夜中のタイムリミットに向けて、友人の命を救うために深夜のワシントンを駆け回ります。
今回の相棒は誘拐された友人の妹で、純粋知性科を研究しています。ラングドンはフリー・メイソンの秘儀に関する謎を皮切りに、次々に暗号を解き明かしながら究極の真理を求めて走ります。
日本では余り知られていない(故になにやら胡散臭い秘密結社と思われているきらいもある)フリー・メイソンについて、やはり懐疑的なラングドンの口を借りて中立公正な論調で書かれているのでわかりやすかったし、以前なら眉唾の超能力研究かと揶揄された純粋知性科学が真面目な科学として研究されている(少なくとも緒言ではそう書いてあった)のに何となくうなずいたり。
2人ははCIAの日系のこわいおばさんに追われながらメイソンの会員に助けられて、ワシントンの各名所をたどるのですが、いまいち地理にうといわたしはそれぞれの位置関係がわからず、歯がゆい思いをしました。
ページターナーの上質なエンタメ小説ではありますが、ラングドン、その他の口を借りて神と人間、宗教と人間に対するかなり根元的な問いかけを行い、懐疑派のラングドンが彼なりに結論を出しているのに、私としてはとても共感を持てました。

小説の内容に触れるのはNGなのでこれくらいにして、でもひとつだけ面白い小ネタを紹介します。
下巻21頁、ラングドンに助けの手を差し出すフリー・メイソンの会員から落ち合う場所を教える電話がかかってきます。盗聴の恐れがあるので相手も謎解きのような指示を出します。その箇所を少し引用。
「友よ、テベレ川の北にローマの避難所がある。そこにはシナイ山から切り出した石が10個、天そのものからの石がひとつ、ルカの暗黒の父の顔をかたどった石がひとつある。わたしの居所がわかるかね」
最後のルカの……のくだりは、ここを読んでくださる方だったらおわかりですよね。
こんなことでも思わず嬉しくなってしまうのでした。

Symbolquest1s 次なる話題はロスト・シンボル繋がりのロスト・シンボル公式サイト「シンボル・クエスト
ダ・ヴィンチ・コード関連でも暗号を解いて次々にサイトを解明していくゲームがありました。
今回は33種のシンボルを下に表示されるヒントから選んでいくゲームです。時間制限無し、3度間違えるとゲーム・オーバーで再挑戦となります。(33という数字が大きな意味を持っている事は小説を読むと納得です。そう言えば日本版の発売も3月3日に合わせてあったのに気が付きましたか?)

Sq22中央にシンボルを移動して正解だと赤いブルボン・リリーが時計回りに動いて33正解でエンド・ページが表示されます。途中で一度でも間違うと上のページ。エラー無しで完全解答すると下のページが現れてダン・ブラウンの肉声メッセージを聞くことができます。

Sq3sSq4s
昨夜はこれに嵌ってしまってグーグル画像検索フル活用して最後までたどり着きました。それなのに……ダン・ブラウンのメッセージというのがアメリカ版ロスト・シンボルの表紙に描かれているたくさんのシンボルの中に5つの隠されたメッセージがあるので解読して楽しんでくださいとのこと。原書買わないとわかりまへん。
ヒントはすべて英語(ただしわかりやすい)なのですが、言語明瞭意味不明瞭のところが多々あって、解き明かすとな~んだ、そうだったんだと、自分が気づかなかった事がおかしいやら恥ずかしいやら。
ネタバレにならない程度に少しこちらもご紹介。たとえばヒントにはこのような物があります。以下ヒントの後に更にヒント(?)を書きました。興味のある方は反転してどうぞ。
"Fourth Rock "from the sun.太陽から四番目の岩塊とは……
Quicksilver水銀、つまりマーキュリー、つまり……
Greek goddess of triumph これなどはわかりやすい部類でしょうか。ギリシャ神話の勝利の女神、今はアメリカの大メーカーの名に
Zeus's games これもつい最近あったので記憶に新しい。ゼウスに捧げられたスポーツ祭典
Opposing yet unified これはちょっと頭を捻ると、なるほどそうかと。相反する物でありながら一つになっているもの
Octothorpe 知って得したような気になる豆知識。電話に付いている記号、8個の点からなっているからですって。シャープじゃないんだ。。。
Anagram of "Madras pen" 同じく雑知識。アナグラムとは文字の入れ替えのこと。確かにアンパサントになりますね
Sounds like a resident in the Garden or Eden これは一番自分が間抜けに見えた問題、ドレミの歌で"laはsolの次の音"と苦し紛れに歌詞をつけたようなもの……かな。エデンの園の住人といえばあの男性、要するに一字違いだというだけでした
最後に一番やられた問題。Who uses this symbol ?  えっ?これは誰のこと?と当てずっぽうに何度か間違いを繰り返した挙げ句……疑問文じゃなかった!! そのまま大文字表記でWHOでした
他にも音楽や映画、神話、数学、いろいろ取りそろえてネタ満載です。とても楽しくて時の経つのを忘れてしまいました。
トライしてどうしてもわかりにくい、なんてのがありましたらメセ下さい。わかりにくいヒントを差し上げますから。