my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« こいつぁ春から縁起がいい~わい/魔法の毛糸その2 | Main | いくたびも雪の深さを尋ねけり »

降りも降ったり

P1070227P1070230

よく降りました。
昨日の朝の写真です。わたしの車が無惨にもすっぽり埋もれています。サイドからの写真(左)ではそれほどたくさんに見えませんが少し崩してみると(右)一晩で積もった嵩がよくわかります。

近年雪の少ない冬が続いていたためにちょい気持ちの油断がありました。降るときには一晩で数十センチ降るのです。
路面に埋設式の融雪装置がわが家の前の道にはありません。午前3時頃に一度だけブルドーザーが除雪に通るのですが両脇に雪をかき分けて行くだけなので、結局玄関先に雪の壁ができてしまいそれを崩してどけなければ車が出せないという塩梅です。

雪は重さが軽いうちに除雪するのが一番。朝から身支度してスコップを手に雪を掬っては投げ掬っては投げ。(これが可能なのは軽いうちだけ──そのうち水分が多くなって雪質が重くなったり、凍結してカチカチになったらとてもこうはいきません。そのときは四角く切って一つずつ運んで投げます)とにかく車だけは掘り出しておかないと身動きがとれません。
でも腰と上腕が疲れて鈍い痛みが出始めたらそこで打ち切り。これ以上無理をすると本当に翌日腰痛で動けなくなります。その間にも断続的に雪は降り続け、せっかく空けた場所がまた見る見る白くなっていくのを恨めしく見ています。

たいていこういうときに予期せぬ仕事が入ります。まさにマーフィーの法則の体現です。
どうしても市役所へ行かなければならない用事が出来。
ほんの10数メートル先の通りまで行けば融雪装置があってアスファルトの地面が出ているというのに、わが家の前の道路は雪の山、数時間前に息子のチェロキーは難なくゴリゴリっと雪を蹴立てて出ていったのにわたしの車は雪の段差に捕まって下手をすれば亀の子状態になりかねません。
仕方がないので歩いて行くことに。
しかし読みが甘かった……防水ブーツを履いて出たのに、雪国の冬の道ほど歩行者無視の道は無いのです。
ブル除雪のせいで通りの幅が半減した上に中央の融雪装置から勢いよく水が放出されています。
歩行者は雪の壁にそって車が通りすぎるたびに浴びせかけられる水しぶきを傘で防ぎつつ、足元を狙う水を避け、しかもでこぼこした地面を踏んで行かなければなりません。ところによっては水が溜まってくるぶしほどの水溜まりができているところも。そんなところは大きく車道に出て迂回。

20分ばかり悪戦苦闘してやっと着いた市役所。ところが証明書を貰うには市が発行している登録カードが必要とある! それって、取りに帰れってことか!!
雪国の人間の根暗でじっとりした気質のお陰かそれでも仕方がないともう一度戻ってカードを携え、再度玄関を出るとき、今度は足元を気にしなくてもいいようにとゴム長に履き替えました。それがまたまた裏目に出ました。

歩き始めて5分も行かないうちにもう後悔し始めました。ゴム長は歩きにくいことこの上なく、しかも冬場に分厚い靴下をはいたまま穿けるようにとかなり大きなサイズの物だったので、中で足が踊って思うように歩けません。確かに水の中も平気、ダイコン下ろし状態の雪の中もジャブジャブ歩けますが、とにかく足が疲れます。
最初のうちこそテンポよく歩いていましたが、少し経ったらもう足裏を地面に擦りながらあるく「ズラズラ歩き」しかできなくなりました。
市役所で証明書をもらい戻る道は最悪。もう足が前へ出ない、前へ前へという気持ちはあるのに足がついて来ません。こうなると歩くのはエクササイズなんていう気分にもなりません。ひたすら一歩一歩を積み重ね、やっとの事で家にたどり着いたあとはヒーターにあたりながら知らずに寝込んでしまいました。

それが昨日の話しですが、今日もまた幾分降っていましたが、どうやら峠は過ぎたようです。なんとか出るようになった車で宅急便に荷物を出しに行く道すがら、歩く人を見かけるとその苦労が人ごとではなく、思わず速度を落としてそろそろとわずかばかりの罪悪感を感じながら通り過ぎたことでした。


Comments

す、スミマセン!……と思わず謝りたくなります。
虚弱な瀬戸内民はこのところの寒さで「寒い寒い」連発、一気に出不精になってますが、それどころじゃなく大変そうで、お見舞い申し上げます。
来週からは暖かくなるってテレビでいってますんで、乗り切りましょう!

おはようございます!!
どんなに寒くてもまだ、やっと霜柱が出来るくらいで
「寒い」を連発している静岡県民をお許し下さい。(笑)
いやー大変でしたねえ。
こちらはあまりにも雪が降らないので降ると
みんな大はしゃぎなんですが、本当にご苦労さまです。
大変かと思いますが頑張って下さいね。

>onionさん
謝りたいなんて気分にさせてしまって申し訳ありません!

自然現象だけはどこへ文句をいうわけにもいかず、ただじっと耐えるしかありませんからねえ。
このところ暖冬気味で雪の大変さを忘れかけていました。
でも、今日はほとんど雪も降らず、あとは山となって残った雪を少しずつ崩して溶けるようにしていくだけです。
そのままにしておくと溶けるのが遅くなって(わが家の前だけ雪が残っていると、またあそこは無精だということに)なってしまうのでw
雪さえ降らなければ屋根から落ちて死ぬ人もなく腰を痛める人も無いのにと思うと恨めしの雪です。

>マクノスケさん
エールをありがとうございます。

雪もちら降りだときれいなんですが、大量になるともう見るのもうんざりです。
どこの土地にもいいことと困ることがあるのでしょうが、じゃ雪が降るからどこかへ引っ越すかと言われると、その気にはなりません。やはり生まれ育った土地には単なる不便さくらいでは問題にならないほどの強い絆があるようです。
今日は車も楽に走れて社会生活は通常にもどりました。

典型的な冬型の気圧配置は東京にはとてもよいお天気をもたらしてくれます。
天気予報を見ながら毎日「ああ、明日も天気だ♪」と喜んでいる私を許してください。
その気圧配置はまさしくHelvaさんを苦しめているんですよね。

お疲れ様でした。
腰が痛くなってないといいんですけど。

>Organaさん
そうなんですよ!
雪が降るときは太平洋側は憎らしいくらい晴天ですね。
予報図で日本列島の真ん中で片や雪だるま片やお日様ぴかぴか。
なんとも理不尽な事ですがこれも仕方がないかw
反面、雪の積もった朝の静けさや、雲の切れ間から見える青空に、枝に積もった空気よりも軽いような雪の塊がさらさらと光をまき散らしながら落ちる様子など、例えようもない景色を満喫できるのですから、そう悪いことばかりでもないと慰めています。

腰と手が痛くなりましたw
日頃の運動不足のばちが当たりました。

Post a comment