my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« August 2008 | Main | October 2008 »

Hancock

Hancockウィル・スミスはいい役者さんになったものだと思う。
ハンコック──この映画についてはあちこちで語られているほど駄作だとも思わないし、もちろん超大作と持ち上げるつもりもない。ただ好きか嫌いかといわれると、私は好きだと答える。
その理由は、ウィル・スミスの存在自体がとてもいいからだ。
おかしな書き方をしてしまったが、見終わって最初に感じたのが、ウィル・スミスは立っているだけで悲しみを表現できるようになったのだな、というなんとも主観的感慨だったからだ。
他に同類の仲間がいない(実は一人だけいたが)というストーリー設定からくる孤独感ではない。
おちゃらけの合間、ウィスキーがぶ飲みして、どう見ても格好いいところからほど遠い飛び方、着地の仕方をしている合間、行きがかり上仕方なしに人助けをしてやってるといわんばかりの投げやりなスーパーパワーの発露の合間にも、ふと悲しみが漂う。

それを最初に感じたのは実はこの映画に先立つ「アイ、ロボット」のワンシーンだった。
始まって間もない頃に、刑事スプーナーがじっとシャワーをあびているシーンがある。あのときにはまだ彼の腕が精巧に作られたロボットの義手であることは明らかになっていない。しかし、あのシーンでどうしようもない悲しさを感じてしまうのである。
そこに存在している事自体が悲しいという、彼は自分の存在自体を悲しんでいる。その悲しみの前には仕事も家族も霞んでしまう。なぜ自分はここにいるのか、なぜ自分はこの世に生を受け、今現在生きているのか、その根源的な疑問は、もちろんどのように考えても悩んでも答えがでるものではない。答えが見いだせない事を承知で生き続けていかなければならない。自分に活を入れ、励まし、自分を奮い起こして、次の行動へ移らなければいけない。その一歩を躊躇って、ほんのひととき、ほんの数秒長くシャワーが流れ続けるに任せている──まことに主観的な見方なのだが、わたしはあのシーンでこういう気持ちを痛切に感じてしまった。故に「アイ、ロボット」の中ではあのシーンが一番好きなのだ。

「ハンコック」の劇場用ポスター(顔大写し、サングラスに鷲が映っているものではなく)でウィル・スミスの沈んだ横向きの顔を見たときにまさに上記のシーンにあい通じる物を感じてしまった。

ストーリーは楽しい。ハンコックはアンチヒーローである。
スーパーヒーローは正義の味方、正しい心と強い意志、悪をゆるさぬ自己を律する……そういう歴史的に培われたお約束は、ある意味根拠が無い。確かに超人が悪人だったら大変だ。この世の終わりとまでは言わない物の救いがない。だからヒーローは何があっても善人で「正義の味方よ、よい人よ」でなければならない。
だからハンコックは面白い。といっても彼は悪人ではない、いわば不器用な邪魔くさがりやなのだ。
だから悪人を追跡するのにところ構わず飛ぶからビルは壊す、標識は落とす、挙げ句の果てに悪人の乗る車をどうやって回収したらいいかわからないような場所に串刺しにする……一つの事件を解決するために周囲に及ぼす被害甚大、踏切の立ち往生した車を救うのに、持ち上げて他の車の上に逆さに投げる、列車にエルボーをカマして脱線させる……決して意図してやっているわけではないのに、結果は惨憺たる物。
周囲の人はさらに無責任で、人命が救われたというのに、もっと賢い方法があったはずだと非難する。
このあたりは快進撃である。この路線を突っ走って行けば世にも珍しいアンチヒーロー、超弩級のありがた迷惑ストーリーとなったはずだ。もう少し引っ張ってもらいたかったと思ってしまう。

その後ストーリーが展開するに連れてこの楽しさが徐々に萎んでいく。もちろんもう一人のヒーロー(うう、男性形許せ)との万歳のようなからみや$91.10なんてものすごく面白いところもあるのだが、悪役トリオが小物(なんとなくホーム・アローンの悪人二人組を連想してしまう)なのも物足りない。まあ、これはハンコックの超人指数が下がって常人並になる事を見越した常人向け悪役ではあるのだけれど。

ハンコックの「存在論的悲しみ」は彼と彼の一族(?)の在り方に根ざしているようだ。超人同士が近づくと力がなくなり常人になる、そして普通の人間としての弱い短い一生を送ることになるというものだ。
神ならぬ常人の心性を持った者が「人並み」の幸福を願う、これは当然のことだが、その代償は大きい。特に彼の場合は最後の一人として「神が与えた人類への保険」の役割を全うするためには「人並みの幸福」を求めることはできない。悲劇的なハイランダーの設定とはまた違っているが、これはこれで悲劇であるね。

ともかく80年前からの記憶がなくなった原因も明らかになり(触れられてはいなかったが、80年前に南部で黒人男性が白人女性と連れだって歩いていたら袋だたきにあうことはいかにもありそうな話しである)、名前を思いだせなかったので"put your John Hancock"(署名しろ──アメリカ独立宣言書の中で一番肉太の署名だったので、それ以来「署名」という普通名詞として使われている)といわれてそのままジョン・ハンコックと書いた顛末も明らかになる。

結局自分が何者であるかself identificationを求めるハンコックの放浪の旅は終わる、よって彼の破滅指向の生活も終わりを告げ、彼は自分の在り方を是認して落ち着いた結末を迎える。
この終わり方以外にないと思われる終わり方。もちろん常人となる選択肢もあったのだが、それはまたこれから長い年月のうちに採られる結末になるかも知れない、そういう救いもある。
さしあたって今のところ、ハンコックも残りの生存者も心の安定と幸せを取り戻したと言えるだろう。そして見ているわたしたちにも、ヒーローが消えていくという幸せなのに寂しさを否定できない結末にはならなかったことが嬉しく思われるのだ。

Mangaでアバター

MangameFaceYourManga.comでアバターを作ってみました。
取り立てて目新しく見えないでしょうが、海外から見た日本マンガのイメージで顔の特徴を構成していきます。
3種類作ってみましたが、目と鼻の形が微妙に違うだけでかなり違った顔になりました。家族に聞いて似ている方をアップしてみました。……といっても、こんなに美人ではないなあ。。。
こりゃアバターならぬアバタもえくぼか?

青ナイル白ナイル

080907a_2 080907b
昨日母が京都、宇治方面へ一日旅行に行った折りのお土産です。
○桜酒造が京大と早稲田大とのコラボレーションで、古代エジプトで栽培された小麦を使って作った発泡酒とビールです。
左の写真は青ナイル
味はまったり、素朴な爽やかさがあって飲みやすかったです。
味よりもどちらかというとラベルに一目惚れしたといったほうが良いかも知れませんが。
後輩達が作ったと思うと、なぜか親しみがわくような気分です。

TV版CW

Cw_cartoonnetwork_cm_s

映画SW/クローン・ウォーズの入りがいまいち……なのですが、 Cartoon Networkで早くも全米で今秋から毎週TVに登場するCWのビデオクリップが紹介されています。
これが悔しいけれど(何に?)なかなか面白そう……というか、興味を惹きつける作りになっています。

クリップはかなり長く、見せ場満載の上に活躍すると見られるたくさんのキャラクターがちらりと見えています。もちろん闘うヨーダ様やCWでは姿を見せなかったクリーヴァス将軍、映画ではその他大勢になっていたジェダイたち、ルミナーラ・アンドゥリやキット・フィスト、プロ・クーンやカラマリアンのジェダイとか目を楽しませてくれます。
"In this war, a danger there is..."というヨーダの言葉から始まって"The galaxy isn't far far away any more. This fall, The Force will be with you."そしてアソーカの「やっぱりうちのマスターよ」に至るまで見る者をわくわくさせる満点のサービス精神です。

CWにいささか物足りなさを感じてはいても、そもそもの宇宙活劇としてのSW精神は健在といったところ。お約束の宇宙空間での空中戦(宇宙戦というべきか)でのオビとアナキンの万歳掛け合いとか、ヨーダ様お得意の精神論、人を裏切るのは武器では無く心だ!とか、映画同様に重要キャラクターとなるドゥークーもアップ出演、しかつめらしくアナキンを過小評価するな、敵を持ち上げ……
しかし、深刻な面も多くヨーダがいみじくも長引く戦争を生き抜く事でわれらは勝利を収めると言うように、クローン大戦が泥沼の様相を呈する予想もさりげなくなされています。

もちろん戦闘シーンこそが本領で、新型バトル・ドロイド、分離主義者の戦艦、クローン・トゥルーパーの乗るスター・デストロイヤー(ヴィクトリー級?)を一撃で破壊する殲滅兵器etc. 詳しい人が見たら垂涎の映像ばかりだと思います。

アメリカでの放送は10月3日東部標準時午後9時から。日本でも放送されるのを楽しみに待つことにしましょう。

アイスショー in 金沢

080831a 筋金入りフィギュア・スケート・ファンの友人に連れられて8月31日、夏の終わりに金沢へ行って来ました。
友人のお母さん、息子さん、それに牛に牽かれて善光寺の私ともう一人の友人の総勢五人。久々の金沢です。午後3時過ぎの開演なので時間はたっぷり。外は残暑というもおこがましいほどの暑さ。
駅前はもてなしドームという大規模な透明屋根付きドーム、北前船を模した様な木組みが新鮮。
シャトルバスで香林坊、片町を抜けて市総合体育館の特設リンクへと向かいます。 バスの中はもう常連さんと見えるファンがいっぱい。あちこちからごひいきのスケーターの愛称が漏れ聞こえてきます。

筋金入りの友人は手慣れた物で席の位置から、声援のかけ方、ペンライトの振り方に至るまで、細々と解説を加えてくれます。こちとら何も知らない物見高いど素人というわけで、とにかく言われた通りに楽しむことにしました。
会場にはずらりと段に並んだイス、体育館の常設観客席が丁度二階になるように配置してあります。老若男女の人の波。ごひいきのスケーターにあげる花束の即売、グッズ販売……それはにぎやかな物でした。 友人のネット奔走で取ってもらった席がEXの正面3列目(それすら、友人は一列目じゃなくてごめんと何度もあやまってくれましたが、何の何の)、十分にかぶりつきです。しかも正面のカメラの真後ろということで実質二列目です。

ショーは休憩を挟んで約2時間、その間ほとんど切れ目なしにパフォーマンスが続きます。フィギュアスケート・チームのさまざまなテーマに合わせた演技、ゲストスケーターの華麗な妙技。大音響と特設ライトの音と光の洪水が氷面に映じてきれいです。TVで見ているだけでも思わず目を見張るような衣装を間近に見ると、またその精緻な手の混み具合に感嘆します。

ところで、演技もさることながら、一番興味を惹かれたのは、熱烈ファンの多さ、その声援の凄さ。また熱烈な声援にもかかわらず節制ある態度でした。
ちなみに私の隣に座ったのは30代とおぼしきスーツの男性。ものすごい大きな花束持参で丁寧にイスの下に入れると、姿勢正しく座りショーの間中ほとんど手拍子、拍手のしっぱなし。 お隣のお連れの女性は、お気に入りのスケーターには「○○くん~!」「△△ちゃ~ん!!」と熱の籠もった声援。それ以外に「ヒュー」というような感嘆の声(いわゆるhootですね)、指笛とか。いわゆる絶叫型の黄色い声じゃ無いところが好感が持てます。
のべつ間もなしに声を掛けるのではなく、丁度歌舞伎の大向こうが「××屋!」と声を掛けるように、そのタイミングが難しそうです。 声を掛けてペンライトを振る、そのタイミングが計れるようになると、一人前なんでしょうね。気合いの入ったファンの方はペンライトよりもさらに目立つ星形、ハート型のライトを取り出し、ここ一番といった時に、スケーターが演技を終わり四方にご挨拶をするときを狙って、自分の方を向いたときにすかさずぱっと立ち上がって大型ライトを振って声を合わせて「○○ちゃ~ん!」と声をかける。もちろん立ち上がると後ろの方に迷惑だからさっと座る……この一瞬のタイミングの取り方の微妙さに感心しきり。いっしょに声だして、と言われましたが、とうとうできませんでした(はい、へたれです……ごめんよ)

掉尾を飾ったのは荒川静香ちゃん、わが友人の最大のお気に入り。 さすがに美しく、他を寄せ付けないような品格がありました。曲はMEMORY、(余談ながら私のカラオケの持ち歌なので)より一層嬉しくなりました。正面に向かってにっこり笑顔を振りまいてくれたのが何より印象的。まるで私のために笑顔を見せてくれた様な気分……おそらく見ている人、みんながそう思うのでしょうね!

フィナーレが終わってスケーターがリングサイドをぐるりと廻るファンサービスをしてくれます。実はその部分がファンには最も大切なんだとか。ごひいきのスケーターに直接話をしてプレゼントを手渡し、写真を撮ることができる唯一の機会で、その場でスケーターといわば個人的に対面できることがファン冥利に尽きるからです。不肖わたくしはカメラマンを仰せつかり、友人の後ろでデジカメを構え、人の頭越しにとにかく連写。 サイドから狙うと強烈ライトが入って写らない、正面で撮れるチャンスは一枚そこそこ。かなり手ぶれのどうにもならない写真を撮ってしまいました。動画で撮ればよかったと思いつくも後の祭り。熱狂が去って、はて自分の目でスケーターを見たという実感がない(笑
出口では友人が東京からきた同じファン仲間と合流、にぎやかに話に花が咲いていました。熱心なファンはこうして全国公演をずっとフォローして歩くそうです。時には海外公演にも遠征とか。好きになったら一直線、CJに出張っていった身としては、なんだか気持ちが解るような……

会場を出たときにはもう夕闇が落ちかかっていました。今見たステージの感想を語りながら楽しく夕食を食べ、一つのアイスクリーム・デザートを三人で突っつき、金沢のアイスショーの夜は更けていったのでした。