my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« 9月尽遁走曲 | Main | モスクワは今日も曇り? »

おろしゃ国だより 1

Rayがロシアに飛びたって3日が経ちました。(Rayは家族のHNです)
かつては粗悪航空の代名詞のようだったアエロフロート、現在はもちろん他の航空会社となんら変わらない一国を代表する航空です。そのアエロで成田からモスクワ、シェレメチボ空港まで10時間の道のり、いや空のりというべきか。
日頃の行いの報いが出たのか、この便もまた、なんと4時間も遅延しました。シェレメチボが雪か霧のために閉鎖、12時発の予定が午後4時に。これでは到着は現地時間で午後10時すぎ。
ロシア案内を読むと、シェレ空港は設備待遇の悪さでは一二を争うといわれ、空港係員も当てにならない、白タクにつかまったら高い料金をぼられる、しかも空港から市内まで恐ろしい渋滞振りとか、読めば読むほど不安材料が増えていきます。
しかし、いくらこちらで気を揉んだところで、何にもならないのも道理です。すべて本人のやるように任せるしかないと、思い直し、とにかく空港にlandedの表示が出たところで、その日は就寝。
二日目、午後遅くに電話がかかってきました。大学寮からで、無事着いた、思ったほど寒くもなく、街は落書き一つもなくきれい。治安も悪そうではないとのこと。寮の部屋にも落ち着き、室内は広く暑いほど。持っている機種では携帯が使えないことが判明。明日にでも携帯を買いに行くといってきました。ネットも部屋まで固定線が来ているのでモデムとラインを買いに行かなければなりません。何かと基盤整備に大変です。
三日目、深夜電話がかかってきました。新しい携帯を買ったとのこと。1ルーブル=4.7円くらいで1300ルーブルだったので6000円弱? かなりお安い。物価も安く、大学の近くのスーパーでは1週間分以上も食料を買い込んでも2000円もかからないので、ほくほくしているらしいです。
何でも案ずるより産むが易しというように、情報が多くないと、すぐ悪い方へ想像が働きますが、実際にその場に行ってみればそれなりに対処もできるし、おもいがけない楽しみもあるというものです。数カ月はあっという間に過ぎてしまうこととおもいますが、その一日一日が驚きと発見の毎日であるだろうことを、羨望交じりの目で見ています。

Comments

娘さんがロシアへ行かれたんですねー。
どうも私もイメージで、治安が悪いとか寒そうとかマイナスイメージがあったんですが、
物価が安いんですね!
1週間分買っても2千円の世界に私も住んでみたい!!!

>マクノスケさん
そうなんですよー
ロシア案内などを読むとアジア系外国人というだけでぼこぼこにされたとか、大学寮の部屋の中でも貴重品は鍵をかけて置いておかなければならないとか、物騒な事ばかりでちょっとびびっていますが、本人はたくましくやっているようで、少し安心です。

どこへお引越しと思えば、またすごいところへ!
いや~若いってスバラシイなあ。羨望のまなざしその3ですわ。
でも親は心配。いやいや、一緒に住んでいても心配なんだから、しょうがないですね、これは。

今日はちゃんとネット環境になったようで連絡が来ました
嗜好品は高いのかも知れませんが、一般の物価は安いようです
これは以外と暮らしやすいかも。。。
今週末から寒くなるようです、ぶるぶるマイナス10℃の世界ですね

Post a comment