my reading report

  • ■ Book Shelf

relative sites

Powered by Six Apart
Member since 07/2006

« April 2007 | Main | June 2007 »

三銃士

Three_masketeers73Three_masketeeres93
注文してあった73年、リチャード・レスター監督の「三銃士」が来ました。
何度かCSで放映されて録画版は持っていましたがDVD化されているのに気が付いて、これと続編の四銃士のダブル購入です。
オリバー・リードのアトス、リチャード・チェンバレンのアラミス、フランク・フィンレイのポルトス(この人は余りよく知らない)それにマイケル・ヨークがダルタニアン(キャバレーなどで当時乗っていた)、コンスタンスにはラクエル・ウェルチ(ミクロの決死圏や恐竜100万年、その後バーバレラにも出ましたね!)、ミレディにはフェイ・ダナウェイ、そして大御所リシリュー枢機卿にはチャールトン・ヘストン……
よくもこれだけ当時の有名どころを集められたと思えるほどの顔触れです。
実はこれ劇場で見たのですが、自分では三銃士はやはり93年キーファーのよりもこちらなのです。
当時ものすごく面白いと思ったものでも、今にしてみればちんけなギャグや唐突な場面転換、もたついた展開など目に付きますが、それでもかなり原作に忠実。CGが無いぶん、実写の強み、現実感があります。
ヘストンが真面目に悪役に徹しているところや、ジェラルディン・チャップリンというドクトル・ジバゴ以外には顔を見られない珍しい女優さんが華奢な王妃を演じているのも楽しい。マイケル・ヨークのいかにもど田舎から出てきたという押し出し、農耕馬みたいな騎馬もすぐれものです。
宮廷の下にある洗濯場だとか、いかにもという王宮でのわんこを使ったチェスや動物のかぶり物を着けた舞踏会など当時は目を奪われる演出だったように思います。
どろくさく、しょうもないギャグも多い物の、豊満なラクエル・ウェルチ演じる妙にどじでかわいいコンスタンスが存在感一杯ですし、続編での悲劇もあるので、ただの娯楽ものとも言いきれない所もあります。
制作のサルキンドはこの作品が当たったので、クリストファー・リーヴのスーパーマンの制作に乗り出したと言われてますね。
目立たないけれど、オリバ・リードのアトスがとってもいい感じ。何も語らなくても重苦しい何かを感じさせる所など達者です。
ひとつ苦言を呈するなら、字幕がまずいです。なんとも堅苦しい武士言葉が続いたり、明らかに字幕の打ち込みのミスがあったり、字幕だけで鑑賞するとおもしろさが半減します。

さて、これを見たら、93年の三銃士も見たくなって、何年ぶりかに引っ張り出しました。
はっきりいって、こちらのストーリーは全く覚えていない──それくらい軽い作品でした。
ディズニー制作、キーファーやチャーリーー・シーン、クリス・オドネルといった華やかな顔ぶれなのですが、73年作を見た後だと、ティズニーのアトラクションを見ているような気がします。
衣装がきれいすぎ。枢機卿もただの好色で権力欲に取っつかれたおっさんで、ヘストンのような品格が無いし、ルイ13世もアン王妃もお子ちゃまで、おままごとのように見えます。
唯一まだ良かったのはキーファーのアトスですが、酸いも甘いも噛み分けたというには、若すぎ、熱血過ぎ。彼の顔がどちらかと言うと童顔なのも一因かもしれませんが、金髪の長髪を振り乱して叫ぶと、なんだか別の映画の気分です。
脚本もただ、ミレディをカレーまで追っていくそれだけの単調さ。ミレディの突然の改心とか、無理が多いなあと、やけにあらばかり目立ってしまいました。

まだ来ていませんが、73年版は続編「四銃士」があって、それで一作になっています。ミレディの正体や最後も後編回しです。 「仮面の男」は残念ながら私の評価の中では番外。

リヴのオアシス

New_lagoon
昨夜、人づてに聞いた島へお邪魔してみました。その名もニュー・ラグーン(珊瑚礁)
360度のパノラマを楽しめる、どこかで見た懐かしい景色と、おしゃれなカフェ。しっかりカフェ・オ・レとシェパーズ・パイを頂いて来ました。
マルガリータを注文するとかわいいピグミーのバーテンダーさんがシェーカーを振ってくれます。
New_lagoon3
こちらは、かわいいリヴ型のサンドイッチのアップです。涼やかなオーダーの鈴の音と共に現れるメニューで注文します。
ウェイターのヤグラさんも、ファンキーな黄色で陽気です。
パノラマ背景にもあちこち優れ技が。マウスでちょいちょいさわって歩くと、思わぬところで心遣いを見せてくれます。癒されるな~
本家よりもすごいリヴサイトでした。

追記; 朝になって再訪いたしましたところ、風景がちゃんと昼になっていました。ラグーンというお名前どおり、遠浅の海も見えました。それに、なんと昨夜とは別メニュー!
マルガリータとパイの代わりにフルーツジュースと苺のショートケーキ。これは、もしかしてメニューも日替わり?

追記その2;午前2時ぐらいに行って、 景色を回すとピグミーとブラックドッグがいる屋台が出ているという耳より情報も聞きました。
では、今夜は2時まで起きていよう!
起きていた甲斐があってようやくみられました。せっかくなので画像アップしておきます。

New_lagoon5クリックすると大きな画像が見えます。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

Percy_jackson_w

本書は新聞の書評欄で知ったものです。あらら、本の並べる順を間違えましたね、右が第一巻、左が二巻です。
ハリー・ポッター以来、児童書にファンタジーの大潮流が起きています。明らかにHPのブレイクの二番煎じを狙ったかのような類似物語の氾濫もあるし、HP以前から良質の物語としてどちらかというと少数の人々の秘宝的な扱いを受けてきた物語を、HPブームに乗せて、きらびやかな衣装を纏わせて再び舞台に引き出そうとした試みなど──これは地道に(?)物語を信奉してきた人々の顰蹙を受けましたが──もありました。

わたしとしては、ファンタジーの復権は嬉しいことだし、今まで知らなかった物語に接することができるのも願ってもないことと思っています。もちろん、以前から「わたしだけの宝物」的な愛着を持っていた物語が新装版で出たりすると、これはもう自分のすきだった本じゃない、などとへそを曲げるような、典型的ブックフェチの反応を示すこともありますが。

さて、話が外れちゃいました。
パーシー・ジャクソンとオリュンポスの神々、現在第二巻まで発刊になっています。
ハードカバーでお値段も張るので図書館へGO! 児童書の棚に発見。表紙は……なかなかいいですね、一昔前のハードボイルド小説みたいで。

内容は、ギリシアのオリンポス12神、文明の中心地はヨーロッパからアメリカへ移ったということで、彼らも今アメリカに移動してきた、NYのスカイスクレーパーの上空にオリンポス山があるという設定。
神々も現代的になってスーツを着ているのも、ポロシャツを着ているのも、革ジャンを引っかけているのもいる……w
ところが、ほれっぽい性格は治っておらず、あちこちで人間との間に子供を作っては(いわゆる英雄予備軍)その尻ぬぐいにあたふたしている……とか。

さて、自分の出生にまつわる秘密を解き明かしたパーシー・ジャクソンという12歳の少年がギリシアの神々の争いがこの世界の生滅と関わると知り、仲間と共に争いを阻止すべく旅に出る……こういってしまうと、なんだ~ありきたりじゃん。
そう言ってしまえばそれまでなのですが、どこが面白いかというと、まず先が読めないということ。
お話の作りがサスペンス・ミステリーになっていて、はらはらさせられること。
ちょっとペダンティックだけれど、ギリシア神話好きにはこたえられないほど、随所に神話関係の内容がちりばめられて、そのどれもが実に巧妙。要するに思わずにやりとさせられる所ばかりだということ。
訳がいい! こういう子供ためくちの訳って、作為的ではあるんだけど、それを感じさせられないほど乗ります。
ちなみに作者はリック・リオーダン、レビューによると、アメリカ探偵作家クラブ賞受賞の実力派ミステリー作家だそうです。
展開が早く意表を突かれる、しかもあちこちにちりばめられる、思わず笑わされるしかけ、というあたりが、とても楽しく読めた原因だと思います。2冊借りてきて、あっという間に読み終わりました。そして、言うことはいつも同じ、早く次が出ないかな~ですね。

何か軽く楽しめる本をお探しの方にお薦めです。
ちなみに、わたしが気に入ったキャラはヘルメスの持っている携帯ストラップの二匹のミニ蛇くんたち。
ヘルメスは翼の生えた杖に二匹の蛇が巻き付いているのを持っているんでしたよね。ちゃんと蛇に現代風の名前もついていますよ!

バックエイクといえば聞こえはいいが……

なに、早い話が腰痛です。
この一週間というもの、腰痛に悩まされておりました。現在完了形の継続(動詞形でいうなら現在完了進行形w)でいおうか迷うところです。
先回エントリで書いたように、連休中の無理な運動?の祟りで軽い腰痛を感じたのが、日を追うに連れて痛みが増して、日常生活に不便を感じる程になってしまいました。
立っている、座っている、姿勢を変えないでいれば痛みは重い鈍痛程度なのですが、いざ姿勢を変える、立ち上がる、その時になるとぐきりと痛みが。。。または直立していてふっとしゃがもうとする瞬間に、またまたぐきっと痛みに襲われて、思わず声を上げそうになります。
軽い腰痛だと思っていたのが、立派ないわゆる「ぎっくり腰」。
今までもこの症状で整形外科を受診したことはありますが、結局x線写真を撮って、鎮痛消炎の貼り薬をもらうだけだったので、わざわざ病院へ行くこともあるまい、幸い家に貼り薬のストックもあることだし、これを貼っておとなしくしていれば、そのうちに治ってくれると思っていました。
なるべくPCの椅子に座らず、座布団の上に立膝したり、立ったままでキーボードの下に本を入れて底上げして打ったり、傍から見ればかなりこっけいな格好をすること数日。
これでも、治らない、起きた時は痛みがないのに、食卓の椅子に座って朝食を食べ終わった頃には痛みがまた出てくるのですから、いくらだましだましして動いていても埒があきません。
ところが、今日、晴天の霹靂、この痛みがあっという間になくなったのだから驚きです。
宅急便の荷物を出しに行ったついでに薬局で、なにか腰痛に効く飲み薬ありませんか、ときいて勧められた痛み止めを、ダメもとで飲んでみました。
もともと薬=半ば毒と思い込んでいるので、頭痛がある時に鎮痛剤を飲む以外には薬は飲まないし、メディケイションとかケモセラピーに対しても自分としては本当かな?と懐疑的でていたのですが、どうやら認識を新たにしなければならないかも知れません。
たった一錠のタブレットのおかげで一週間顔をしかめ続けてきた痛みが消えた!
気がついたら痛くない、同じ姿勢で座っていられる、立ち上がってもなんともない!
それは痛みが止まっているだけだから、そこでまた長時間座るなど、悪習を復活させたら、またぶり返すよと言われました。 それもそうです。どうも喉元過ぎれば熱さ忘れて仕舞うのが人間の性なんでしょうね。
ありがたいことに昼飲んだ一錠が効いているのか、夜になっても痛まないので、今のところ追加で飲むのはやめています。 一晩寝て起きた明日が楽しみ(?)このまま痛みがなくなってくれるか……それともまた、ぶり返すのか。
とにかく、これほど鎮痛剤が効くものだとは思ってもみませんでした。でも反対に効くということはそれだけ害もあるのかな?

連休のご報告

いや、ほんとうに。
連休の間、結局更新しませんでしたね。
取り立てて書くほどのことが何もなかったというのが一番の理由なんですが、連休明けまでの仕事が一つありました、ところが帰省組で家族が増えたりして、遊んじゃいまして、(自分の仕事への切り替えができなくて、全く不徳といたすところなんですが)間に合わなくなりそうになって、連休後半は気分的にかなりタイトになってました。
おまけに、弱り目に祟り目、どうやら気まぐれにやった腹筋運動がたたったらしく、腰が痛くなっちゃいました。
これが、治らない。座るのをやめればよくなるのは目に見えているのに、やはり仕事しなくっちゃ、と長時間同じ姿勢を続けたのが更に悪化させる元になってしまいました。寝返りが打てない、さっと動けない、そんな状態が3日ばかり続きました。
行く予定だった映画もぱあ、それどころか、リアルで一番の友人が入院したというのに、お見舞いにも行けない状態でした(ノ_・、)
今日やっと友人の顔を見に行けましたが、来週の手術を控えて、不安だろうに、健気に明るく振る舞って話をしてくれる様子に、もっと辛くて心細かったときに来てあげられればよかった……などとまたもや後悔。
連休中、ただ一つ外出して楽しかったことがありました。まだ、腰をやられる前のことで、それはそれでよかったのですが。
高校教師をしている従弟がいます。その学校の英語指導助手(ALT)のお母さんとお祖母さんが連休中に日本にやって来ました。
お二人ともピアニスト、ALTのB君もミュージカルなど歌う音大出で、せっかく来たのだからと、B君の下宿のある市で3代のミニ・ジョイント・コンサートをしました。
翌日従弟の家へ来てまた内輪のミニコンサートをしてくれるとのこと。わが家もお誘いをうけ親子3代で出かけました。
ワインとシャンパン、お寿司、シフォンケーキと、まあいろいろ取り合わせて、しっかりできあがったころに、B君たちが到着。
コンサートよりもまず食べて飲んでw 
しっかりみんないい気分になったところでお母さん、お祖母さんがプーランクやドビュッシーの小曲をご披露してくれました。
B君は何かのミュージカル・ナンバーを歌ったのですが、残念ながら題名を忘れちゃった! 酔いに任せてかなり色々おしゃべりして、パン焼き機の実演をしたり長居をしてしまいました。
この一件をのぞけば、ずっとお籠もりをしていた連休とその後でした。
仕事が一つ終わって、やっとこちらの更新もできて、胸のつかえがちょっととれたような気分です。